雑学

ディーラーのツナギが一般販売されない理由について解説

レクサス ツナギ

自動車整備の仕事をしていてディーラーではなく、町工場である自動車整備会社に就職している人というのは一般的には普通の無地のツナギを着用して仕事をしていると思う。そのようなディーラーではなく町工場の自動車整備士にとってトヨタなどのロゴが入ったツナギを着てみたいという憧れを持つ人も少なからずいるだろう。

例えば、レクサスのロゴが入ったツナギを着て、コンビニや町に繰り出せば「この人はレクサスの整備士なのか!」と思われ、優越感に浸れるといった理由が大きいだろう。私も自動車整備の仕事をしているのでこのようなブランド名が入ったツナギに多少は憧れている。

しかし、ネットで検索してディーラーが着用しているツナギを購入できないか?と調べてみてもディーラー関係者以外には例え1級自動車整備士の資格を保有していても一切販売はしてくれない。この記事ではディーラー以外の自動車整備士にロゴが入ったツナギを販売してくれない理由について解説していきたいと思う。

ディーラーがツナギを販売してくれない理由

ディーラーがツナギを販売してくれない大きな理由として一つ挙げられるのが、もし自社のブランド名が入ったツナギを着ている全くディーラーとは関係の無い自動車整備士が、何等かの問題を起こした際に、お客さん側としてはその自動車メーカーに対する信頼というものが下がってしまうためである。

例えば、全くディーラーとは関係の無い自動車整備工場で働いている自動車整備士が、顧客に対して失礼な態度をとったり、いい加減な状態で整備をした場合に、その整備士のツナギにディーラーの名前が入っているとお客さん側としては、そのメーカーの全体評価というものが損なわれてしまい問題となる。

そのため、ディーラーではどんなに優秀な整備士であっても自社とは関係のない自動車整備士に対して、ツナギの販売は行っていないというのが実情なのである。しかしディーラーとは関係のない自動車整備工場で働いている人でもブランド名が入ったツナギを入手することは不可能ではない。

ディーラーのツナギを手に入れる方法

これまで説明した通り、一般的にディーラーとは関係のない自動車整備士にはツナギの販売というものはしてくれないのだが、ある方法を用いればディーラーのツナギを入手するということは可能である。それはどのような方法で入手するかということについて説明していきたいと思う。

まず、ディーラーのツナギを入手するためには、ディーラーの人間と親しくなり、お下がりのツナギを貰うということが一番手っ取り早い。それか極まれにネットオークションなどでもディーラーのツナギが出回っている場合があるが、ディーラーのツナギは高値で取引されるため数万は超える場合が殆どであり、そこまでの値段を出して中古のツナギを手に入れたいか?という事を考える必要があるだろう。

そのため、ディーラーとは関係の無い自動車整備士はディーラーの人間と仲良くなり、そのお下がりをこっそりと頂くというのがディーラーのツナギを入手する一番の方法なのである。もしディーラーのツナギが欲しいと考えている自動車整備士は参考にしてみてほしいと思う。

ディーラーの人間と仲良くなる必要があるんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    高確率で車を傷めてしまうジャッキアップ法を整備士が解説

    車を保有していて特に雪国では、冬になるとスタッドレスタイヤを装…

  2. 雑学

    自販機に硬貨を入れても釣り銭口に落ちてしまう原因を解説

    日本の自動販売機設置率というのは世界中と比較してもかなりの台数…

  3. 雑学

    洗車の際に食器用洗剤を使用しても良いのか整備士が解説

    車を洗車しようと、準備に取り掛かっていると前に使用したカーシャ…

  4. 雑学

    バイクの外装を社外品に交換する際の注意点を紹介

    バイクというのは一般的に自動車に比べて、狭い路地や立コケなどの…

  5. 雑学

    ハイブリッド車のオイル交換時期について自動車整備士が解説

    現在、車を選ぶ基準として第一に挙げられるのが燃費の良さであり、…

  6. 雑学

    自動車のクラッチ板交換が高額請求になる理由を整備士が解説

    現代は自動車免許を保有していなければ逆に珍しいと言われる程に運…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    確定申告の手続きは簡略化するべきなんじゃないの?
  2. 雑学

    ディーラーの整備士が着用しているツナギを入手する方法を解説
  3. オピニオン

    高齢者は免許証自主返納ではなく一定年齢で取り消しにすべき
  4. ブログ運営

    専業ブロガーやアフィリエイターはネット移り変わりの速さ舐めている
  5. ブログ運営

    煽り耐性のない人はブログ等で情報発信をすべきではない
PAGE TOP