稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

成功者が実践している正しい瞑想のやり方を解説

      2016/07/03

森林

多くの成功者達が実践している生活習慣というものを読み解いていくと成功者と呼ばれる人の大多数は一般的な生活をしている人とは少し異なった生活習慣を送っている場合が多い。例えば睡眠時間は毎日4時間未満だとか、肉は食べずに野菜しか食べない、そして病院が嫌いで手術を受けずに亡くなった天才など…。

このような成功者が実践している生活習慣の中には、私たちのような一般市民でも実践できる生活習慣の方法がある。それは瞑想というものである。瞑想と聞くと多くの人が難しいというイメージを持つかもしれないが、瞑想というのは実に簡単で、大きな効果をもたらしてくれるものなのである。

この記事では、多くの成功者が実践している瞑想を実践してみたいと考えている人に向けて、正しい瞑想のやり方について解説していきたいと思う。もし瞑想を日常生活の中に取り入れたいと考えている人は実践してみてほしい。瞑想を行えば余計なストレスともおさらばできるだろう。

正しい瞑想のやり方

静かな部屋で瞑想を行う準備をする

瞑想というのは禅と似ていて、精神を統一させる必要がある。しかし、瞑想をする時に余計な音が発せられる場所で瞑想を行うとしっかりとした瞑想の効果が発揮できない。そのため瞑想を行う際には、まず静かな部屋で瞑想を行う準備をしてほしい。瞑想で重要なのは集中できる空間を設けることなのだ。

しかし、現代社会は多くの騒音なので無音の空間を作り出すという事が難しい傾向にある。そのような場合には瞑想用の音楽というものが販売されているため、瞑想用の音楽を聴いて瞑想をする準備をすれば集中してい瞑想ができるので、静かな部屋を準備できない場合にはこのような音楽を使って瞑想を行う必要性がある。

自分が一番リラックスできる姿勢で瞑想を行う

多くの人が瞑想というものをイメージすると、難しい姿勢で集中するというイメージを持っているかもしれないが、瞑想にそのような難しい姿勢で行わなければいけないというルールは存在しない。瞑想で重要なのは自分が一番リラックスした姿勢で行うということであり、集中できるならば椅子の上でも良いのである。

そうして自分が一番リラックスできる姿勢を見つけたら、そこで初めて瞑想を行う準備が整ったため、瞑想をする正しい方法について解説していきたいと思う。最初は瞑想を行うことに多少の慣れが必要だが、慣れてしまえば瞑想を行うということが楽しくなるため続けて実践して欲しいと思う。

頭の中の雑念を消す

瞑想をして集中をしていると、頭の中に色々な雑念が生まれる。それは「明日仕事に行きたくない」だとか「瞑想が終わったら家事をしなければならない」という邪念である。瞑想をしているとこのような邪念は必ずは発生することになるため、この邪念を頭の中から消してあげる必要性がある。

その方法とは、頭の中に邪念が生まれた時にはその邪念は後で考えるというイメージを持ってほしい。例えば邪念が浮かんだら戸棚の上にポンと置くようなイメージで頭の中から邪念を抹消するのだ。このようにして次々に生まれる邪念を消していけば次第に瞑想をしていても邪念が生まれることは無くなる。

瞑想の時間は自分が集中できる時間まで行う

瞑想を日常的にしている人の中には瞑想を一日の中で1時間も2時間もしているという人も中にはいるが、このような長時間の瞑想は初心者に対しては難しい。そのため瞑想を始めた最初の頃は自分が集中できる時間を目安として瞑想を行って欲しい。

最初の頃から1時間の瞑想を行うと意気込んでも必ず集中力というものが途切れてしまう。そのため最初の頃は5分の瞑想から初めて慣れてきたら徐々に瞑想を行う時間を長くする方法がお勧めだ。瞑想は多少の慣れが必要だが、瞑想を日常生活の中に取り入れてしまえばそれが習慣となり、長く瞑想を行えるようになるだろう。

瞑想は簡単なんじゃないの?

 - メンタルヘルス