稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

PCメーカーであるASUSの読み方について決着をつける

      2016/07/05

asus

自作パソコンを作成した経験のある人ならば必ず知っているであろうASUSという台湾に本社を構える有名PCメーカー。時々ネット上でこのASUSの読み方について議論されてることを踏まえてこのASUSの読み方についての決着を付けたいと思う。

しかし、決着をつけるといってももうすでにASUS側としては本当の読み方を公式に発表しているため議論する必要もないのだが、未だにASUSをどのように読んだら良いのか分からないという人もいると思う。この記事ではASUSの読み方について疑問を持っている人に正しいASUSの読み方について解説していきたいと思う。

このASUSという会社の読み方は人によって様々ある。アスース、エーサス、アサスなど統一されていないのである。その理由としては当初に日本に参入してきたASUSはアスースという呼び方が公式の呼び方とされてきたのだが、このASUSという表記が日本人にとっては誤って読まれる事が多かったのである。

しかし、ASUS側としては「ASUSを親しんでくれれば何と読んでもらっても構わない」というスタンスを貫いてきたために正式な呼び方というものが曖昧であり、人によって読み方が異なり混乱を招いていた訳であるが、2012年10月1日にASUSの名称をエイスースに統一すると発表したのである。

しかし、古くからASUSの名をエイサスやアスースと読んでいた人にとっては、エイスースと呼ぶことに抵抗感を持っている人も多く、未だにアスースやエイサス、アサスと呼ぶ人が多いというのが実情な訳である。そこでASUS側は「公式にはエイスースだけど、何と呼んでもらっても構わないよ」というのが実情なのである。

ASUSはどんな呼び名でも良いんじゃないの?

 - 雑学