メンタルヘルス

対人恐怖症に陥っている人は人間を喋る動物だと思い込め

引きこもりな女性

何等かの人間トラブルなどで人間が怖くなってしまい人前に出るということが恐怖になってしまう対人恐怖症という症状。この対人恐怖症は実に厄介なもので重症化すると引きこもりやニートになってしまう確率というのがとても高くなってしまう。

この対人恐怖症を克服する主な方法として挙げられるのが、心療内科などに通院して薬を処方してもらい、徐々に人間に対する恐怖心を少なくするというものだが、中には対人恐怖症で心療内科に通院するということに抵抗感を持っている人もいるだろう。

このような心療内科に通院せずに対人恐怖症を克服したいと考えているならば、一つだけ意識して欲しいことがあるので紹介したいと思う。この意識を持てば人間に対する恐怖心というのがきっと薄れるはずであるため、現在対人恐怖症に陥っている人は参考にしてほしい。

対人恐怖症を克服するには人間を喋る動物だと思い込む

対人恐怖症に陥っていしまう人というのは、極度に人からどう思われいるか?という考えが先行してしまい、結果的に人が怖くなってしまうのである。しかし、第一に人というのはあなたに全く関心が無いという事を知るべきである。例えば道ですれ違った人なんて誰があなたに興味を示すのだろうか?きっと誰も示さない。

そのため、対人恐怖症に陥っている人は、人というものをただ単に喋る動物であると思い込むということが克服する第一歩なのである。インコやウサギに精神的恐怖心を持つ人というのはきっといないだろう。このように対人恐怖症に陥っている人は人間をインコやウサギ同様の視線で見れば良いのである。

他人からどう思われるだろうか?というのは日本人ならではの考えで、海外では自己中心的な人が多い。それはこの世は自分中心に回っているという考えが大きいためである。そのため対人恐怖症の人は他人を喋る動物だと思い込み、この世は自分中心に回っていると考えれば良いのである。

人は所詮喋る動物なんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    デパスより効果が強い精神安定剤であるレキソタン錠の効き目

    うつ病などで心療内科や精神科に受診をすると、まず処方される薬の…

  2. メンタルヘルス

    心の不調の際は精神科と心療内科どちらを受診すれば良いの?

    今や心の不調を訴える人は珍しく無くなり、多くの人が診察のため病…

  3. メンタルヘルス

    視力が悪いということは実はメリットの方が大きいという事実

    子供の頃には視力が良かったのに大人になるにつれて視力が低下して…

  4. メンタルヘルス

    医師は患者に対して偽薬を処方することは実際にあるのか?

    病院に定期的に通っている人の中で長期的に受診を続けなければいけ…

  5. メンタルヘルス

    鬱にならないためには一日を楽しむという心意気が必要だ

    日曜の夕方になると明日から会社に行きたくないという思いから鬱に…

  6. メンタルヘルス

    有言実行に移せない人が知るべき3秒ルールの原則という掟

    将来に対して様々な夢や目標を持って生活している人というのは多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    物に依存しない物質主義を捨てた人が求める幸せの定理
  2. オピニオン

    近い将来に従来のキーボードは姿を消す運命にあると断言しよう
  3. オピニオン

    ニートの特権である昼夜逆転になる理由はクズであるためだ
  4. オピニオン

    車も原付同様にキックペダルを採用すれば良いんじゃないの?
  5. メンタルヘルス

    小中高生の不登校や引きこもりなんて心配するに当たらないですよ
PAGE TOP