稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

朝の眠気を一発でスッキリとさせる方法を伝授したいと思う。

      2016/07/11

居眠りをする女子高生

日本人というのは極端に睡眠時間が短い、それは勉学や仕事に勤しんでいるという理由もあるし、ただ単に夜更かしのし過ぎという理由もあるだろう。そのような睡眠時間が短い人にとって朝の眠気と戦うのは大変である。頭がボーっとして二度寝してしまう経験は誰にでもあることだろう。

この記事ではこのような朝が苦手な人に向けて朝の眠たい眠気をスッキリを覚ます方法について解説していきたいと思う。この方法を試してもらえば朝の鬱陶しい眠気ともオサラバできるので、騙されたと思って実践してみて欲しいと思う。きっと朝が起きることが楽しみになるはずである。

朝の眠気をスッキリと覚ます2つの方法

爽快感MAXの目薬を準備する

まず、朝の眠気を解消するために準備してほしいものが、目薬である。これは安い目薬でも構わないのだが、できるだけ爽快感がMAXの目薬を選んでほしい。なぜ目薬が必要なのかと説明すると人の寝起きというのは瞼が乾燥して大きく開かないためである。

瞼が大きく開かないと、脳の錯覚として「まだ寝る必要がある」と脳が勘違いしてしまうのである。しかし、起床後に目薬を差すことによって、目に水分が行きわたり、瞼が大きく開くことによって脳が起床モードへと変わり、スッキリとした目覚めができるという訳だ。

1リットルの水を飲む

目薬を差したら、次に行って欲しいのが、1リットルの冷たい水を飲むということである。なぜ1リットルの水を飲むのかというと、起床時には体の水分量というのが不足して血液がドロドロな状態なためである。そこで起床後に1リットルの水を飲むと血液がサラサラになり代謝が良くなる。

そうすると、これも目薬同様に体のリズムが整って起床モードへと切り替わるという訳である。ここで注意してほしいことが、一気に1リットルの水を飲むというのはお腹を壊す可能性があるため避けた方がよく、ゆっくりと時間をかけて1リットルの水を飲むということが重要なのである。

起床時の眠気にはこの2つの方法で改善できるんじゃないの?

 - カラダ