稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

お金の出費となる物欲を消すために覚えておきたいこと

      2016/07/14

買い物をする女性

お金が無いと嘆いている人に共通しているのが、収入より無駄な出費が多いという一言に尽きる。そこで今月こそは貯金すると意気込んでも結局失敗に追いやってしまうものが物欲という欲求である。お金をうまく管理したいのなら無駄な物欲を根本的に無くすというところから始める必要がある。

しかし、多くの人というのは基本的に物を購入するという事で幸せを感じるものであり、物欲を消すという事は簡単ではないのが実情である。この記事では無駄なお金の出費が多くて貯金が全然できないという人に向けて、物欲を根本的に無くす方法を伝授したいと思う。

もし、自分がお金の管理が下手で、尽きない物欲に惑わされているのならこれから紹介することを実践してみてほしい。そうすれば無駄なお金を使わないシンプルな生活が送れるようになるはずである。それでは物欲を根本的に消滅させる方法について解説していこう。

物欲を無くす方法

新商品に飛びつかない

これは特に家電などで言えることなのだが、商品というのは必ず新しい機能を搭載したモデルが登場して、私たちの物欲センサーを刺激してくる。物欲を根本的に無くすために必要なのは、このような新商品に対して興味を示さないということが重要なのである。

しかし、このような新商品に対して興味を示して「欲しい」と感じてしまうのが人間というものである。そのような時には自分が欲しいと感じてから半年後にも欲しいと思うのなら購入するということをお勧めしたい。その理由は半年後に存在を忘れている物は本当に必要としているものではないと断言できるためである。

良いものを長く使う

「安物買いの銭失い」という言葉の通り、安いものというのは基本的に長持ちしない傾向にあり、尚且つ、妥協して購入したものである場合には「あの時にもっと良いものを買っておけば良かった」という心理に陥ってしまう。これを防ぐためには値段が高くても長く使える良いものを購入するということが大切だ。

私は基本的に自分の娯楽に関してはお金を一切使わないのだが、自分が長く使うであろう物に関しては何の躊躇いもなく購入を決断する。私が使っているパソコンは自作PCで総額30万を超えているのだが、これは長期的なスパンで考えれば良いものは長く使えると理解しているための決断である。

ストレスを物欲で解消させない

物欲が強い人というのは、ストレスを物を購入するということで気分を紛らわせる傾向にあるのだが、物を購入することでストレスの発散を頻繁に行うと、必ず金欠を引き起こしてしまう。そのためストレスを物欲で紛らわせている人は物欲以外でストレスを発散させる趣味を見つけることが大切である。

多くの人はお金を使わない趣味と考えると、イメージが思い浮かばない人が大半であると思うが、お金を使わずにストレスを発散させる方法なんて五万とある。例えばアウトドア派であれば、休日はサイクリングをする。インドア派の人は家でブログ書く。物欲でストレスを発散させない方法は考えればいくらでもあるのだ。

原状に満足をする

物欲が強い人というのは常に新しい物に対して興味を示し過ぎている。しかし、改めて考えてみると自分が本当に必要だと思える物というものは、本当に限られている。例えば無駄に大きいテレビや高機能な掃除機など本当に必要なのだろうか?という事を物欲センサーが働いた時には考えてみてほしい。

きっと改めて自分が本当に必要としているものを考えてみると本当に必要としているものというのは最小限に留まるはずである。そのため新しい物を取り入れるのではなく、今使っている物に対して満足をするということが物欲を無くすためには重要な考え方なのである。

本当に必要な物は限られているんじゃないの?

 - オピニオン