オピニオン

仕事中にビールを飲んでも別に良いんじゃないの?

ビール

仕事中にアルコールを摂取して仕事に臨むなんてことは言語道断だと考える人が大半であると思うが、アルコールを摂取して仕事をした方が仕事の効率が上がる場合もあるという事を忘れてはいけない。勿論、仕事中に運転をする職に就いている人は論外なのだが、それ以外の人はアルコールを飲んでも良いと断言できる。

例えば、文字を執筆するライターを例にしてみると、ライターというのは基本的に文字を一日中書き続けるため、文章が固くなりアイディアが閃かない事があるのである。しかし、アルコールを摂取して文章を書くと読み易い文章という固定観念が外れてスラスラと文章が出てくるのである。

そして一日中パソコンの画面とにらめっこしている会社員はパソコンを長時間眺めていると、目の疲れや肩の凝りなどの体の不調も頻繁に起こるだろう。アルコールはこのような体の緊張を解消してくれる効果もあるため、仕事中にアルコールを飲むという事は絶対的に悪とは言えない。

それ以外でも、仕事中にアルコールを摂取することで、上司や同僚ともコミュニケーションを円滑に図れるというメリットもあるという事を忘れてはいけない。今の世の中は仕事というものに対して完璧を求めすぎている傾向にある。本来仕事は楽しくやるべきものであって、嫌々やるものではないのだ。

社会が仕事中にアルコールを飲んで良いという世の中になれば、各段に鬱になる人というのは減るだろう。そうして仕事中に楽しく多少のアルコールを飲んでワイワイ仕事をした方が各段に仕事の効率が上がると私は断言できる。そんな世の中になってほしいと思わないかい?

別に仕事中にアルコール飲料を飲んでも良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    ニートは悪の根源という風潮はもう止めにしましょうよ

    学校でやりたくもない勉強を嫌々している学生や、会社で賢明に働い…

  2. オピニオン

    普通免許で125ccバイクが乗れる規制緩和は完全なデマである

    去年開かれたイベントの経産省の発言で、普通免許に付帯して125…

  3. オピニオン

    ニートが人生をやり直せる年齢なんてものは存在しない

    人生が上手くいかずに、人生をやり直してみたい人というのは多いの…

  4. オピニオン

    バイクの整備は素人が挑戦しても大丈夫なのか整備士が考察

    バイクという趣味性の高い乗り物に乗っている人というのは、自分の…

  5. オピニオン

    田舎暮らしに車は果たして必須な交通手段なのか考察してみる

    都会であれば、電車やバスなどが一分単位で到着して待ち時間という…

  6. オピニオン

    ニート生活は正しい金銭感覚を身に着ける上で重要な期間である

    ニート生活と聞いて大多数の人が思い浮かべることの代表例は、一日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. カラダ

    2週間コンタクトレンズは1ヶ月使えるという衝撃の事実
  2. メンタルヘルス

    ポジティブに生きるにはこの世という人生をゲームだと思い込め
  3. メンタルヘルス

    「面倒くさくて当たり前」を前提として生きると人生が楽になる
  4. 雑学

    不労所得と言う金のなる木は存在しないという事を知るべき
  5. 雑学

    キーンと良い音が鳴るZippoに価格帯は関係ないという事実
PAGE TOP