メンタルヘルス

現実で嫌なことがあったら全て夢の中の話だと思いこもう

オフィスで寝る男性

仕事や学校なんどで嫌なことがあり、その嫌な体験をズルズルと引きずってしまい悩んでしまう人にある考え方を教えたいと思う。それは現実世界で嫌なことがあったら全て夢の中の話であったと思い込むということである。この発想の転換が以外と心を気楽にしてくれるため結構お勧めだ。

まず、現実世界で嫌なことがあるとその嫌な気持ちというのは消えなく失敗やミスを引きずってしまう人は結構多いと思う。しかし、逆に自分の失敗や嫌な体験をしても何食わぬ顔で生活している人も多く見受けられる。この差とは一体なんなのだろうか?

その理由とは簡単に説明すると、失敗を引きずらない人の思考は自分の失敗は失敗と認めて次から頑張れば良いというポジティブな思考を持っているというものなのだが、失敗を引きずってしまう人はこのポジティブな考えに転換させることが非常に難しい。それは幼少期の人格形成が大きく絡んでいるためである。

そのため、ネガティブな人がポジティブな人の考え方の真似をしても結局は何の効果も無いのである。そのため、失敗などを引きずってしまう人にお勧めしたい考え方は現実世界で嫌な体験をしたら、その体験というのは全て夢の中の体験であると自己を洗脳させるということが一番手っ取り早い。

例えば、会社でプレゼンのミスや上司からミスの指摘があった場合には、これはその日の内になぜ失敗をしたのか?という対策を考えて、翌日には昨日のミスは全て夢の中の話であったと考えるのである。そうして次からは夢の中の話であったミスをしないように注意して仕事に取り組めば良いのである。

「現実の世界の体験を夢の中の話だと思い込むのは無理だろう」と考える人もいるだろう。そんな事を考えている人は昨日の出来事を鮮明にフルカラーで思い出してみてほしい。きっと大多数の人というのは昨日の出来事さえ鮮明に思い出せず、思い返すと夢の中の世界と相違無いイメージが沸くと思う。

そのため、現実世界で嫌なことがあったら、それをズルズルと引きずるということは止めて、全て夢の中の出来事であったと考えることが失敗を引きずらないポジティブな思考になる第一歩なのである。もし現実世界で嫌なことがあったら全て夢の中の出来事だと思い込んでしまえば良いのである。

嫌なことは夢の中の話だと思い込めば良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    日々のストレスを軽くしたいなら自尊心と向上心を放棄すべき

    人間が感じるストレスの大半は、人間関係でのストレスが一番大きい…

  2. メンタルヘルス

    休日が暇で仕方ない人に向けた孤独な休日の過ごし方6選

    学生なら休日は友達の家に遊びに言ったりすることが主な休日の過ご…

  3. メンタルヘルス

    悩み事が頭の中から離れないときに心を軽くする心得を紹介

    誰しもが一つや二つは常に悩み事を抱えながら生活していると思うの…

  4. メンタルヘルス

    心療内科や精神科は患者を永久的に薬漬けにさせる陰謀がある

    風邪をひくと病院に通院して薬を処方してもらい、病気が治ったら薬…

  5. メンタルヘルス

    実は根暗よりもイケメンの方が対人恐怖症に陥りやすい

    対人恐怖症とは人間関係のトラウマなどによって人が怖くなってしま…

  6. メンタルヘルス

    精神安定剤の効果を体からいち早く抜く方法を伝授したいと思う

    うつ病や対人恐怖症などに陥ってしまい、精神安定剤が日常的に手放…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    原付は半ヘルで大丈夫とか言っている輩はバカなんじゃないの?
  2. ブログ運営

    ジャンル特化型アフィリエイトをお勧めできない理由
  3. 雑学

    ディズニーシーアトラクションのタートルトークの仕組みを考察
  4. オピニオン

    将来性の無いクソニートと将来性のある有望ニートの見分け方
  5. メンタルヘルス

    心療内科の診察はネット電話などを導入すればいいと思う
PAGE TOP