オピニオン

求人票の最終学歴という足切りは廃止にすべきである

コーディング中のモニター

仕事を求めてハローワークなどに出向いて、求人票を見てみると多くの会社が最終学歴が高卒以上や大卒以上という学歴の制限を設けている。ここで求人票の学歴という欄に当てはまらない学歴の人は希望する職種があっても断念してしまう傾向にあるが、こんな学歴という足切りという風潮は廃止にすべきである。

まず、会社側が学歴という足切りを設けている理由について考えてみると、採用する人事に問題がある。それは高卒以上ならば一般知識が身についている。大卒以上ならば優秀な人材に育つという固定観念があるためだが、例え大卒であっても無能な人間は多くいる。

採用する人事はこの学歴という情報だけに頼ってしまい、求人をしてくれた人の本当の能力というものを度外視し、一定以上の学歴を持っているのならこの会社で貢献してくれるだろうという安易な考えを持っているため多くの会社では学歴という足切りを設けているのである。

しかし、学歴が中卒であってもパソコンのプログラミングやエクセルでの文章作成、パワーポイントの構成、礼儀作法など大卒以上に会社に貢献してくれる低学歴というのは実際のところ多い。しかし採用人事はこのような事を一切考慮せずに学歴が高い優秀な人間を優先的に採用するのが現状だ。

まず、本当に会社に貢献してくれる人材を見つけるためには学歴という足切りの風潮は廃止して、大企業でも学歴に制限を設けない制度を構築することが重要である。そのためには採用人事を年功序列の頭の固い年寄りに任せるのではなく、優秀な人材を見分けることのできる頭の切れる人に人事を任せるべきなのだ。

2020年には小学生からプログラミングの授業を取り入れるらしいが、これからは勉学はできなくてもITに関してはずば抜けて優秀な学生というものが増えていくだろう。これからの社会に求められるのは学歴に頼る選考方法ではなく、個人の能力を見出して学歴関係なしに採用させることなのである。

学歴による足切りは廃止にすべきなんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    面倒くさい客には最高の愛想笑いと話を合わせる協調性が必要

    社会人として一般的な生活をしている人というのは常にストレスに頭…

  2. オピニオン

    友人という薄っぺらい交流関係はクソみたいなものである

    人というのは幼少期から友人関係という交流が生まれて、小中高と年…

  3. オピニオン

    資格を独学で取得可能か見極めるには士業は絶対に避けるべき

    就職や転職などで有利になる資格を取得する場合には、比較的簡単な…

  4. オピニオン

    ニートの特権である昼夜逆転になる理由はクズであるためだ

    多くの人がニートのライフスタイルというものを想像した場合には昼…

  5. オピニオン

    VISAデビットとJCBデビットの特徴を徹底比較していこう

    クレジットカードに変わる新しいカードとして今後の成長が期待され…

  6. オピニオン

    YouTuberになるのは絶対に止めておけ!リスクが高すぎる

    最近、小学生の将来なりたい職業の第3位にYouTuberという…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    文章が書けない時には酒を飲んで書けば良いんじゃないの?
  2. オピニオン

    クリエイターズマッチ登録試験はやるだけ時間の無駄である
  3. オピニオン

    休日という自由時間があるから人は鬱になるんじゃないの?
  4. オピニオン

    独立系の資格を取得しても成功できる確率は低いという事実
  5. メンタルヘルス

    物欲という欲は人間には不必要な欲求だ!
PAGE TOP