稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ニートが独立系の資格を取得して一発逆転を狙うのはやめておけ

      2016/07/25

ノートと筆記用具

世間一般的なニートのライフスタイルを想像してみると、一日中ネットやゲームなどに夢中になり社会との接点を一切持たないというイメージがあると思う。しかしニートにもニートなりの考えかたというものがあり、資格の勉強に励んでいるニートも多くいるのである。

しかし、資格を取得して会社勤めを考えているニートは良いのだが、問題点は独立系の資格を取得して一発逆転を狙っているニートは考え直した方が良い。なぜ独立系の資格を取得して一発逆転を狙うことが駄目なのか疑問に感じるニートも多くいるだろう。

この記事では独立系の資格を取得して在宅で仕事がしたいと考えているニートに向けて、現実を叩き付けたいと思う。もし独立系の資格の勉強をしていて一発逆転を狙っているニートは参考にしてみてほしいと思う。世の中はニートが考えている程甘くはないのである。

ニートが独立系の資格を取得して一発逆転を狙ってはいけない理由

資格を取得すれば自宅でも開業ができる資格の候補として、行政書士や司法書士などが挙げられると思うが、例えこのような難関資格にニートが合格し、自宅で開業したとしても誰もお客さんは来ないのである。その理由は至って簡単で、誰が社会経験の無い資格保有者に業務を委託するというのだろうか?

行政書士や司法書士などの講座パンフレットを見ていると、自宅でも開業できて高収入というキャッチコピーで売り出されているが、実際の士業というのはこのような甘い職種ではなく、自らお客さんを呼び込むためのコネやコミュニケーション能力などが求められるのである。

訳があってニートとなってしまった人というのは社会のレールというものから外れて、一般常識が身についていないニートが大部分を占める。このようなコネも無し、コミュニケーション能力も無いただの資格保有者に仕事というのは回ってこないのが現実なのである。

ニートが資格を取得するなら就職を有利にする資格を取得すべし

ニートが資格の勉強をするのであれば、まずは就職に有利になる資格を取得するべきである。それはITパスポートでも良いし、宅建、簿記、ファイナンシャルプランナーなど、履歴書に正々堂々と書ける資格の取得をするということが脱ニートへの一番の近道なのだ。

もし、行政書士や司法書士という合格率の低い資格を一年間以上の期間をかけてずっと家に引きこもって勉強して、合格できれば良いのだが、大多数は試験に不合格となり永遠と家にこもって資格の勉強を行い、気が付いた時には30歳を超えて誰からも見捨てられるのである。

そのためニートは難易度の高い独立系の資格を取得するのではなく、まずは簡単な履歴書に書ける資格をニートという有り余った時間に沢山取得して、就職という道を選ぶことが脱ニートをするための有効な時間の使い方なのである。独立系の資格の勉強に勤しんでいるニートはこの事を理解しておいてほしい。

ニートが独立系の資格を取得しても無駄なんじゃないの?

 - オピニオン