稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

私がブログのネタに一切困らないために心がけている習慣

      2016/07/29

ニュースをメモする

毎日更新を心がけているブロガーに共感してもらえると思うのだが、毎日ブログを更新しているとブログのネタに困ることがある。このようなブログのネタに困ると更新をサボってしまい挙句の果てにはブログの更新を放置してしまう初心者ブロガーも多いことだろう。

このブログのネタが見つからないという背景には、ブログの読者に良い情報を提供しなければいけないという固定観念があるためブログのネタに困ってしまうのである。本来ブログというのは知識を絞り出して書く必要性などなく、自分の感じたことを素直に書けばよいのである。

しかし、大抵のブロガーというのは「平凡な日常生活でブログに書くような事がない」と嘆いているだろう。そのような時には私が実践しているブログのネタを尽きさせないための習慣について解説していきたい。ブログのネタに困っている人は参考にしてみてほしい。

ブログのネタは沢山転がっている

まず、ブログのネタが考え付かないというブロガーは、ブログに対して神経質になりすぎている。冒頭でも説明したがブログというのは自分の本心を文章にするという単純な作業なのだ。例えば会社などで上司から理不尽な事を言われたり、疑問に感じることがあれば、それはブログのネタにしてしまえば良いのである。

ブログ初心者というのはこの基本的なブロガーの在り方というものを今一つ理解していないため、読者に有益な情報を書かなければいけないというプレッシャーからブログが長続きしないのだ。まずはブログというものに対して頑なに考えるのではなく、リラックスしてブログを運営してほしい。

そして、多くの人が理解できない専門的な知識を持っているのならば、その知識をブログに有効活用して自分が持っている知識をブログに書き綴るということも重要である。例えば自動車整備士ならば自動車に関する知識をブログで公開すれば多くの人に役に立つ記事を生み出すことができるのだ。

まとめると専門的な知識を持っているのならば、自分にしか書けない知識というものを有効活用してブログ記事を執筆すればよい。逆に何の知識も無い場合には自分が疑問に感じることや、体験記や不満などをブログに書き綴れば誰かの役に立つ記事になるのである。この事をしっかりと理解しておこう。

私がブログのネタを尽きさせないための習慣

日常生活で感じた事は直ぐにタイトルを作成してメモ帳に記入する

会社員ブロガーというのは基本的にブログを書く時間というのが本当に限られている。そのような限られた時間の中でパソコンの前に座って「今日は何の記事を書こうかな?」とコーヒーを飲みながら一服している暇など会社員ブロガーや学生ブロガーには無いのである。

そのため、限られた時間の中でブログを執筆しなければいけないブロガーは予め、通勤時間や仕事中などに、ふと頭に浮かんだ疑問点などを頭の中で整理して、スマホのメモ帳などにブログのタイトルを作成してしまうのである。そうすれば家に帰ってブログの記事を直ぐに書き始めることが可能なのだ。

タイトルを作成したら見出しを考えてメモ帳に記入する

ブログのタイトルを作成したら、そのブログ記事に書き出したいことを頭の中で整理して見出しを考えて、大まかな見出しを作成する。時間に限りのあるブロガーは帰宅し、限られた時間の中でブログのタイトルから見出しまで一から考えるとタイムロスとなってしまうため、予め会社などで作成してしまうのだ。

見出しを大まかに考えてしまえば自ずとして自分の書きたいことというのが見えてくるため、家に帰ってブログ記事を書く時には会社でメモしたタイトルや見出しを参考にしてブログ記事を執筆していけば良いのである。そうすることによって家に帰ってからブログ記事を構成するより大幅に時間短縮ができる。

ブログは難しく考える必要性はないんじゃないの?

 - ブログ運営