稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

勉学を抜きにした本当に頭が良い人の特徴について解説

      2016/08/02

考える女性

頭が良いと聞くと多くの人がイメージすることが、勉学ができるということであると思うが、果たして勉学が出来るということだけで本当に頭が良いと言えるのだろうか。私たちは小学生の頃からこのような勉学ができるかどうかという基準点で「頭の良さ」評価されてきたため、このような事に疑問を感じる人は少ない。

中には勉学ができなくとも、頭ががとても切れる人というのが存在するのだ。実際に多くの成功者達というのは高学歴であるという法則は成り立たず、逆に全く勉強ができない人が驚くような才能を発揮することがある。この記事ではこのような勉学を抜きにした本当に頭の良い人の特徴について解説していきたいと思う。

本当に頭が良い人とは?

常識に対して疑問を感じている人

一般的な常識を持っており、人の言われたことをただ単純にこなせば良いと考えている人というのは残念ながら本当に頭の良い人材ではない。常識に対して何ら疑問を持たず、淡々と生活している人というのは常識というマニュアルに沿った事しか理解せずに、クリエイティブ力が無いのである。

逆に常識ということに疑問点を持ち、常に自分の頭の中で入ってきた情報を整理して、自分の中でしっかりと考える能力を持っており、それを周りに公言したり、実行に移したりする人は一般常識をもった人からしてみれば常識がない人に見えるかもしれないが、実際はこのような人の方が頭が良いと言える。

人の顔色を気にしない人

人の顔色を気にしてしまい自分の意見を心の中にしまってしまい、上司などに言われたことを淡々とやっていれば良いと感じて生活している人というのは、例え高学歴であっても本当に頭が良いとは言えない。本当に頭が良い人というのはこのような人の顔色を気にせず、自分勝手な人が多いのだ。

そのため、時に無謀な行動にでたり、人に迷惑をかけたりすることがあるが、このような一般的な常識が欠格している人材というのは時に優れた才能の発揮する傾向にある。逆に高学歴である程、一般常識という固定観念が構築されているため、本当の才能を発揮できない人が多いのが実情なのだ。

実行力のある人

自分が考えているアイディアなどが頭の中に浮かんだら、直ぐに実行してしまうという早とちりな人というのは、一般的な考えでは常識が無いというイメージがあるかもしれないが、逆に自分の考えたことを直ぐに行動に移す人というのは成功する確率も高くなる。

例え高学歴であっても、普通という固定観念に縛られて、平穏無事が一番と感じていて実行力が無い人というのは社会に出てもマニュアルに沿った行動しかできずに、自分で考える力というのが着々と減っていく。成功をしたいのなら実行力が全てなのだ。

勉学で頭の良さを評価するのは間違っているんじゃないの?

 - オピニオン