稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

あなたが歴史に名を残す天才と呼ばれる人物になる方法

      2016/08/06

天才

天才と凡人の違いは明確だ。それは後世に名を残す功績を作り上げた者が天才と呼ばれ、後世に名を残せなかった者が凡人である。誰しもが一度は歴史に名を残す人物になってみたいと感じたことはあると思う。この記事を読んでいるあなたも自分が天才と呼ばれたいと思っているからこそ、この記事を閲覧しているのだろう。

しかし、凡人というのは天才には敵わないのは明白である。ネット上には天才の共通点という記事が多くあるが、それを鵜呑みにして天才の習慣や考え方を真似しても凡人は天才にはなれないのである。では凡人がどのようにして歴史に名を遺す天才になれるのか?この記事ではこの疑問点をピックアップしてみたいと思う。

もし、あなたが歴史に名を残す天才になりたいと考えているのならば、この記事を参考にしてみて欲しいと思うが、これから紹介する方法はきっと誰も真似ができないだろう。それでも天才と呼ばれる人物になりたいのなら浅い期待を持ってこの記事を閲覧してほしいと思う。それでは紹介していこう。

あなたが歴史に名を残す天才と呼ばれる人物になる方法

一般常識を捨てなさい

天才と呼ばれる人物になるためには、一般常識という固定観念を捨てなさい。一般常識に囚われてしまうと、独創性が無くなりアイディアというものが出なくなる。そのため天才と呼ばれる人物になりたいのなら、一般常識という概念は捨ててアイディアを生むための独創的な視点を持ちなさい。

世紀の大発明をしなさい

天才と呼ばれる人物になるためには、世界が驚くような発明や芸術性のある絵画、独創性を持った曲などを作り上げる必要がある。いくら自分が天才だと思っていても世間に認めてもらえないと天才と呼ばれる人物にはなれないのである。そのため天才になりたいのなら世界が驚くような大発明を成し遂げなさい。

人を感動させる商品やコンテンツを生み出しなさい

天才と呼ばれる人物に共通しているのが、人を感動させるコンテンツを生み出し、それが後世に受け継がれているということだ。人を感動させる商品やコンテンツを生み出さずに天才と呼ばれる人物になるのは極めて難しいだろう。そのため人を感動させる商品を生み出しなさい。

全てをやり切ったらこの世に悔いを残さない

天才と呼ばれる多くの人物というのは、この世に名誉ある発明や商品、コンテンツを生み出したら早死してしまう傾向にある。まず、生きている内には天才と呼ばれることは無いのだが、亡くなってからその人物の重要性に多くの人が気づき天才と呼ばれる人物になれるのである。

凡人は天才にはなれないんじゃないの?

 - オピニオン