稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

日本人は外国人のラフ過ぎる服装を参考にすべきである

      2016/08/07

外国人 ファッション

日本人というのは人にどのように見られているのか?という事を極度に気にしてしまい、朝の貴重な時間をつかって髪の毛をセットしたり、服装を選んだりする。しかし、外国人というのはこのような服装であったり髪型など気にしない傾向にあり、町中で外国人を見かけると凄くラフな格好でビックリする。

一方、日本人の服装というのは複雑すぎて本人は満足しているのかもしれないが、このような外国人のラフな格好と比べるとダサいの一言に尽きる。良く分からない英語が書かれたシャツにお決まりのジーンズ…。傍からみればセンスの欠片も無く、日本人の服装というのは大量生産のゴミに等しいのだ。

なぜ、日本人というのはこのようなダサいファッションセンスが当たり前になってしまったのか?という事を推測すると、日本人というのは冒頭でも説明したが、人の目というもの極度に気にしてしまい、尚且つ、他人と同じという境遇に安心感を感じてしまうためである。

しかし、外国人にはこのような他人の目線を気にする文化というものがなく、良い意味で基本的に自分中心に世界が回っていると感じているのである。このような理由で人の目線を気にしない外国人というのは日本特有の対人恐怖症などという心の病の心理的ストレスが一切ないのだ。

そのため、他人の目線など一切気にしない外国人というのは、シャツに短パンといラフな格好をしている人が多いのである。他人の目線を気にしてしまい、自分の人生というものを他人によって左右されてしまいがちな日本人はこのような他人の目線を気にしない外国人のラフな格好を参考にすべきなのである。

でも日本人はラフな格好が似合わない?

ここで「日本人が外国人のラフな服装を真似しても似合わない」と考える人もいるかもしれないが、そんなことはない。逆に日本人がゴテゴテのファッションを捨ててラフな格好をしていると、無駄にファッションに気を使っている人なんかよりよっぽどカッコいいのである。

複雑なファッションを身にまとって洋服代に無駄なお金を使っている人はラフな格好を意識してみるとその身軽さにきっと驚くだろう。私も私服はこのようなラフな格好で町中を歩いているのだが、ジーンズを履いてゴテゴテにファッションを決めるより身軽で動きやすいのである。ラフなスタイルは最高である。

そして最後に一つ言いたい事は、お洒落なファッションを身にまとっても誰もあなたのファッションセンスなんて注目していないということである。洋服代に無駄なお金をかけている人はこのことを意識してラフな格好という魅力に気が付いてほしいと思う。

ラフな格好は最高なんじゃないの?

 - オピニオン