ブログ運営

徹夜をしてブログを執筆する必要性はないんじゃないの?

暗闇でブログを書く男性

会社員や学生ブロガーの中で毎日ブログの更新をしている人というのは、仕事や学校から帰宅して疲れた状態でブログ記事を執筆する人が多い。しかし、仕事や勉学などで疲れた頭で一記事に何千文字も書くというのは本当に文章を書くという事が好きな人でなければ中々続かない傾向にある。

私はブログを執筆するということが趣味であり、仕事だと感じているため疲れた状態でも楽しくブログ記事を執筆しているのだが、自己表現がしたいけど、疲れた状態で文字を書くという事が苦痛というブロガーは結構多いのではないだろうか。そのような人は帰宅して疲れた状態でブログ記事を執筆することは止めた方が良い。

「それでは毎日ブログを更新するという事を心がけているブロガーは何時ブログを書けばよいのか?」と疑問に感じる人もいるだろう。その答えは簡単である。疲れてブログ記事を執筆するとブログ記事の質が落ちてしまうため、早起きをしてブログを執筆するということをお勧めしたい。

朝にブログ記事を書くというのはメリットが多すぎる

朝にブログを執筆する習慣の最大のメリットは、脳が疲れていないため、自分の本当に伝えたい言葉がスラスラと出てくるという所にある。帰宅して深夜にブログ記事を執筆していると、どうしても眠気や疲れなどが一基に押し寄せてブログ記事全体の質が落ちてしまうのである。

しかし、朝にブログを書くという習慣を取り入れると、寝起きの頭というのは一番脳がリフレッシュしている状態なため、クリエイティブな文章がスラスラと出てくる。そのため今まで徹夜して毎日ブログを更新していたブロガーは朝にブログを書くというライフスタイルにチェンジした方がかなり効率が良いのだ。

そして徹夜してブログ記事を執筆しているとダラダラと休憩しながらブログを書いてしまうため無駄な時間が生まれてしまうのだが、朝の時間は限られているため、時間内にブログ記事を仕上げてしまわなければいけないという考えに至り、ブログを執筆する際の無駄な休憩時間を削ることが出来るメリットもある。

夜と朝の二刀流でも良いんじゃないの?

本気でブログに打ち込みたいと考えている人は、ブログ記事数に拘ると思うが一日に何記事も執筆するというのは専業ブロガーで無い限り不可能に近い。しかし、夜に2記事書いてと朝に2記事を書くという習慣を身に着けると会社員ブロガーでも専業ブロガーに負けない記事数に達するのである。

そのため、夜に余裕があってブログを書きたいと感じているブロガーは夜に2記事を執筆して、朝に2記事を執筆するというライフスタイルを取り入れると数年後にはあなたのブログは大きなブログへと成長しているだろう。本気でブロガーになりたいのならこれくらいの覚悟は必要なのである。

しかしこの方法は誰にでも真似できるものではない。そのため、初心者ブロガーは夜に1記事を執筆して、朝に1記事を執筆するというライフスタイルから初めて、ブログの運営と執筆スピードに慣れてきたら夜2記事、朝2記事を執筆するという方法を実践してみて欲しいと思う。

徹夜をしてブログを書く必要性はないんじゃないの?

関連記事

  1. ブログ運営

    文章が書けない時には酒を飲んで書けば良いんじゃないの?

    ブログなどの文章を書くということがと得意な人にとっては文章を書…

  2. ブログ運営

    一時のアクセス数の低下で落胆するブロガーは二流である

    ブロガーとして日常的にブログを執筆している人の活力は何かと聞け…

  3. ブログ運営

    私がブログのコメント返信を一切しない優秀すぎる理由

    ブロガーは基本的に自分の書いた記事に反応があったり、記事に対し…

  4. ブログ運営

    専業ブロガーは社会の何の役に立ってるのですか?

    ブロガーには大きく分けて2種類に分けられる。それは会社員ブロガ…

  5. ブログ運営

    ブログの身バレを気にしているブロガーは信用が無い

    ある一定以上のブログ規模になってくると多くの人にブログを見ても…

  6. ブログ運営

    コメント欄を閉鎖するブロガーは失格なんじゃないの?

    ブロガーとして活動している人の中にはブログの醍醐味であるコメン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    現代の日本人は物を粗末に扱い過ぎているんじゃないの?
  2. 雑学

    バイクのキャブレターが詰まってしまう保管期間について
  3. メンタルヘルス

    成功者が実践している正しい瞑想のやり方を解説
  4. オピニオン

    経済力のある男を見抜くには軽自動車に乗った奴を選ぶべし
  5. オピニオン

    有名人に会ったけどやはり一般人と変わらない普通の人間だった
PAGE TOP