稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

Googleに入社希望ならばブログを書きなさい

      2016/08/23

Google

今やネットを触れない一部の人は除いて殆どの人が知っているであろう大企業であるGoogle。このGoogleという会社に就職するのは東大に受かるより難しいと言われているため、並大抵の努力では就職できない難関企業なのである。しかし、このGoogleに誰でも入社することができることをご存じだろうか。

「そんな難関就職先であるGoogleに入社するなんて出来るはずがない」と考えるかもしれないが、実はとても簡単な方法でGoogleに入社することができるのである。この記事ではGoogleに入社したいけど到底無理と考えている人に向けてGoogleに入社をする方法について解説していきたいと思う。

だが、Googleに入社をすると言っても、本格的に正社員として入社するという訳ではないので予めご了承願いたい。しかし、この方法を実践してもらえれば立派なGoogleの一員であることは間違いない。それでは誰でも簡単にGoogleに入社をする方法について解説していきたいと思う。

Googleに入社をしたいならブログを運営すべし

Googleに入社をしたいと考えているのであれば、まずはブログやサイト運営を行うべきである。Googleの基本的な役割はネット上にアップされた記事をセレクトして検索結果に表示させるというものなのだが、私たちのような記事の書き手がいなければGoogleという会社は成り立たないのである。

そのため、自分にはGoogleに入社できる程の能力は無いけど、Googleに貢献をしたいと考えているのであれば、ブログやサイト運営を行ってGoogleのデーターベースに自分の記事を収納させてもらえれば良いのである。しかし、これだけではGoogleの一員とは呼べない。

Googleの一員となるには、普通の会社と同様にお給料を頂く必要性がある。「サイトを運営してGoogleからお給料が貰えるはずない」と考えているならばそれは間違いである。次からはGoogleからお給料を頂く方法について解説していきたいと思う。

アドセンスに申し込む

Googleアドセンスという言葉を聞いたことはないだろうか?これは自分のサイトなどにGoogleから提供された広告を配置することによって、クリックされると賃金が発生するというシステムだ。サイトを運営してGoogleからお給料が発生している以上、私たち書き手はGoogleの一員なのである。

そのため、Googleに入社をしたいと考えている人は、Googleの正社員を目指すのではなく、このようなブログやサイト運営などを行って、Googleに貢献してお給料を頂くという形が一番手っ取り早いGoogleに入社をする方法なのである。これならば誰でもGoogleの一員として働くことが可能だ。

冒頭でも説明したが、Googleに入社をするというのは並大抵の努力では就職はできない。そのためこのようなアドセンスという仕組みを利用して自分はGoogleの一員であるという自覚をもって欲しいと思う。まずは自分のブログなり、サイトを運営することがGoogleに入社する一番簡単な方法なのである。

Googleに入社をしたいならサイトを運営すれば良いんじゃないの?

 - ブログ運営