稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

福井県の小中学生の学力と体力が上位に君臨している本当の理由

      2016/08/28

福井県

福井県と言えば、県外の人からしてみれば県名は聞いたことはあるけど、どこにあるのか分からないと言われてしまう程、知名度が少ない県の一つである。しかし、福井県は県民幸福度ナンバーワンであり、小中学生の学力や基礎体力も上位に君臨している県である。

なぜ、小中学生の学力や基礎体力が田舎である福井県がトップなのか疑問に感じたことはないだろうか。私も福井県民なのでこの理由について疑問に感じていたのだが、よく考えると納得の理由があったのでこの記事では福井県民の小中学生の学力と体力が上位に君臨している理由について解説していきたいと思う。

福井県民の小中学生の学力と基礎体力が上位に君臨している本当の理由

娯楽施設が少ないために勉強しかしない

福井県は本当に娯楽施設というものが少ない。福井県の娯楽施設と言えば近所のショッピングセンターやゲームセンターなどである。しかし小中学生はこのような娯楽施設に足を運ぶための移動手段が無いために、自ずとして休日の過ごし方が勉強という形になってしまうのである。

そのため、福井県の小中学生は基本的に学力が高いのではないかと推測する。もし子供の学力を伸ばしたいと、都会から移住を計画している人は福井県を候補に入れてみて欲しい。そうすれば無駄な娯楽施設が無いために勉強に集中できて結果的に学力向上へ繋がるだろう。

移動手段が基本的に自転車しかない

都会であれば、子供でも電車に乗って遠出をして娯楽施設に足を運ぶという事は容易にできるが、福井県の主な移動手段というのは車であるので、小中学生は遠出をする場合は徒歩か自転車での移動を余儀なくされる。そして福井県は坂が多いので足がとても鍛えられるのである。

都会で移動手段が電車という場合には足腰を使わないためにどんどん基礎体力が減っていくが、福井県は移動しようと思ったら、自分の足を使って移動しなければいけないため、小中学生の基礎体力が高いのではないかと推測する。中には片道10キロを自転車で通学している中学生もいるほどだ。

子供の教育を考えるなら福井県しかないんじゃないの?

福井県は県外の人からしてみれば、何もない県というイメージがあるかもしれないが、都会暮らしに疲れて静かな田舎へ引っ越したいと考えている人にとって福井県という場所は本当に快適な場所なのである。そのため都会からの移住を考えているのであれば、福井県を候補に入れてみて欲しい。

そうすれば、静かで快適な暮らしも手に入るし、子供の教育に関しても都会暮らしをさせるよりよっぽど良い影響を与えてくれるのである。都会という慌ただしい生活に疲れた人は良い意味で存在感の薄い福井県に移住をするということを強くお勧めしたいと思う。

移住を考えるのなら福井県しかないんじゃないの?

 - オピニオン