稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

前髪が長くて校則違反という学生必見の一時的に前髪を短くする方法を伝授

      2016/09/06

学生

中高生であればお洒落に気をつかう年頃であり、髪型にも拘る学生が多いと思う。しかし学校というのは校則というものが殆どの学校で設けており、中には前髪は眉毛より上という昭和時代の校則をそのまま流用している学校もあり、中々お洒落に気を遣う事ができないのが現状だ。

その中でも、特に前髪というのは校則違反をしてしまい易いものであり、絶対に切りたくないという学生も多いだろう。そのような学生に向けて、一時的に前髪を短くする方法を伝授したいと思うので、絶対に前髪を切りたくないという学生は参考にしてみてほしい。

これから紹介する方法を実践してもらえば、高確率で前髪が校則違反で引っかかり処罰の対象となる事態を防ぐことができる。私も学生時代には絶対に前髪を切りたくなかったので、美容師に教えてもらい実践したのだが、バレることは一切無かった。それ程有効な方法なので多くの学生に知ってもらいたいと思う。

一時的に前髪を短くする裏技

まず、一時的に前髪を短くする裏技を実践するために必要なものは、髪留めのクリップ2つのみである。この髪留めのクリップ2つを上手く利用すれば、不自然とならずに一時的に前髪を短くすることができるのだ。ここで注意してもらいたいのが、髪留めのクリップの色は黒を選ぶということだ。

髪留めのクリップを2つ入手することができたら、まず前髪の一番右側の髪の毛を摘まんでそのまま摘まんだ前髪をおでこの上に移動させて、前髪を持ち上げるようにしてほしい。そしてその摘まんだ前髪をクリップ2つで留めれば一時的に前髪を眉毛の上まで持ち上げることができる。

しかし、これでは前髪だけが不自然に持ち上がり、直ぐにばれてしまうので、少し前髪を手で慣らして前髪を整えて、クリップで留めた部分を横髪で隠す。そうすれば不自然な髪型にならずに一時的に前髪を短くすることが可能となるという訳である。

絶対に前髪は切りたくないという学生はこの方法を実践してみて欲しいと思う。そうすることで、校則違反で前髪を泣く泣く切るということを未然に防ぐことができるという訳である。コツを掴めば本当に自然な髪型を作り出すことが可能なのでぜひ実践してみて欲しいと思う。

校則なんて風潮は古いんじゃないの?

 - 雑学