稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

今の時代は車社会より原付社会が求められるんじゃないの?

      2016/09/08

スーパーカブ

都会であれば、交通手段は電車やタクシーなど様々な交通機関があるが、田舎の場合には基本的に交通手段というのは未だに車である。確かに複数人で移動を考えるのなら車は必須かもしれないが、通勤などの一人での移動に車に乗るというのは経済的にも非常にデメリットが多い。

まず、田舎というのは一人一台必ず車を所有しているが、その維持費というのは経済的ダメージがとても大きい。ガソリン代や車検代、自動車税、任意保険…。これら合わせて年間数十万という大金が車を所有することで消えていくのである。これは非常にもったいないことだ。

この車を所有するということを辞めて、一人一台原付を所有して、原付で通勤をすれば車とは比にならないくらいの出費を抑えることができるのである。そのため、無駄に一人一台の車を所有するという選択は捨てて原付を所有するということを本当にお勧めしたいと思う。

まず、原付は燃費がとてもよく、スーパーカブなどではリッター100という衝撃の燃費を叩きだしており、これは今話題の低燃費プリウスなどとは比にならないくらいの燃費である。そして原付でガソリンを満タンにしても500円を出せばお釣りが返ってくるなど経済的にもとても良い。

そして、原付の場合には車検や任意保険という経済的出費が無い。ガソリン代以外に必要になるものは自動車税くらいであり、この自動車税も2000円前後ととても格安だ。このようなとてもメリットが多い原付を乗らない手は無いだろう。車に乗って出勤とか本当にバカなのかと言いたくなる。

そして晴れた日には気持ちのいい風を浴びて出勤ができるため、気分よく出勤することが可能なのである。これは車内で音楽を聴いているよりよっぽど楽しい通勤時間である。そのため通勤などに車を利用するのではなく、原付で通勤をするということを強くお勧めしたいと思う。

車なんかより原付の方がよっぽど良いんじゃないの?

 - オピニオン