稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

物に対して神経質過ぎる人に意識して欲しいこと

      2016/09/11

カメラに悩む男性

自分の所有物に対して神経質になり、少しの傷が付いただけでテンションが下がってしまう物に対して神経質過ぎる人というのは多くいると思う。この物に対して神経質というのは悪い感情ではないのだが、極度に物に対して神経質過ぎると精神面で疲れてしまうのは目に見えている。

私も自分の所有物に対しては神経質であり、少しの傷が付いてしまったりするとテンションが下がってしまう性格だ。そのため物に対して神経質な人の心理というのは痛い程分かる。この記事ではこのような物に対して神経質過ぎる人に意識して欲しいことをピックアップしていくので参考にしてほしい。

物に対して神経質な人が意識すべきこと

物に対して神経質になるのは最初だけ

まず、物に対して神経質になるのは新しい物を購入した時のみであり、時間が経てば物に付いた傷などは気にならなくなるという事を知るべきである。自分の長年使っている所有物に注目して欲しいのだが、長年使っているものは新しい物に比べて、それほど神経質にならないはずだ。

このように、物に対して神経質なるというのは最初のうちだけという事を意識して、時間が経てば少しの傷や欠陥など気にならなくなるのである。物に対して神経質過ぎる人はこの事をよく理解して欲しいと思う。そうすれば物に感情を揺さぶられることなく生活が送れるようになるだろう。

形あるものはいつか壊れる

どれだけ良い商品を使っていても形があるものはいつか壊れてしまう。そのため物に対して神経質過ぎる人は形があるものはいつか壊れてしまうという事を意識すべきだ。物には永久性などなく、どのような高級品でも形があるものは壊れてしまうのである。

そのため、物に対して極度に神経質になるのではなく、今使っている物が動いているという事に感謝をして物を丁寧に扱うということを意識して扱えば、物というのはそれだけ長持ちするのである。物に対して神経質過ぎる人は形があるものはいつか壊れてしまうということを意識しよう。

逆に物を雑に扱ってみる

それでも物に対して神経質な性格が改善しないという人は、物を丁寧に扱うという事を止めて、物を雑に扱うということを意識するというのも一つの手である。物に対して神経質な人は物を丁寧に扱い過ぎているため、少しの衝撃を与えただけで、壊れていないか心配になってしまうのである。

そのため、一度自分の気に入っている物を雑に扱うことで、物は簡単には壊れないという事を再確認をするという方法を試して物に対して神経質過ぎる性格を改善させるという荒療治を行ってみて欲しい。物というのは案外丈夫に出来ていて、日常生活で使用している分には壊れる例は少ないのだ。

形があるものはいつか壊れてしまうんじゃないの?

 - メンタルヘルス