オピニオン

遅刻をしそうな時は逆にゆっくりと行動することを心がけるべき

遅刻

誰でも一度は必ず、学校や会社に遅刻しそうになり朝から慌ただしい行動をとってしまうことがあると思う。遅刻をしそうな時というのは誰しもが早く朝の支度をこなそうと急ぐ傾向があるが、このような朝に遅刻しそうな時に急いで遅刻しないように行動するというのは逆効果である。

ここで「遅刻しそうなんだから早く支度するのが当たり前だろう」と感じる人もいるだろう。でも実際は遅刻しそうな時に慌ただしく行動しても遅刻する時には遅刻するのである。そして遅刻するという一心で行動をしても出勤をした時に忘れ物をしたという最悪の結末を迎えてしまうのである。

そのため、時間に追われている日本人というのは遅刻をしそうになったら、急いで身支度をするのではなく、逆にゆっくりと落ち着いて朝の身支度をするということを心がけるということが重要である。なぜ遅刻しそうな時にゆっくりと行動することが重要なのか解説していこう。

遅刻しそうな時にゆっくりと行動する重要性

冒頭でも説明した通り、遅刻をしてしまい早く身支度をしなければならないという心理状態に陥ると、必ずミスを犯すことになる。例えば、急いで行動するというのは逆に慌ただしくなり、コンタクトレンズを落としたり、必要な書類を忘れたりすることがあるのだ。

人は慌ただしく行動すると、素早く手を動かすため落とし物をしたり、必要な物を何処に片付けたのか冷静に考えれば分かることでもパニックになってしまい、結果的に慌ただしく行動するより、ゆっくりと行動した方が心理的余裕が生まれて時間短縮に繋がるのである。

そのため、もし遅刻をしてしまいそうな時には、遅刻するというパニック状態に陥らずにゆっくりと行動するという事を心がけて欲しいと思う。そうすれば朝から慌ただしく行動するという事がなくなり、余裕を持って出勤することができるのだ。これは本当に効果的なので試してみて欲しい。

遅刻しても別に良いんじゃないの?

日本人というのは時間厳守という規則を小学生の頃から洗脳されているため、時間は絶対に守らなければいけないという謎の心理があるのだが、私から言わせれば1時間遅刻したくらいでゴタゴタ言われる筋合いは無いということである。確かに時間厳守は社会人として当然かもしれないが、それで怒られるのは納得がいかない。

そのため絶対的に遅刻確定の場合には、体調不良を理由として休んでしまえば良いのである。日本人というのは規則というルールに縛られ過ぎているため真面目な人が多いのだが、世の中で得をする人というのはずる賢い人が圧倒的に有利なのである。そのため遅刻確定で怒られることが確定ならば休んでしまえばよいのだ。

このように、遅刻しそうな時にはゆっくりと行動するという事と、遅刻確定の場合には体調不良を理由にして休んでしまうというずる賢い選択をしてほしいと思う。生真面目に生きる必要性なんてないのだ。何等かのトラブルがあっても全て適当と流してしまう根性を手に入れて欲しいと思う。

遅刻確定ならば休んでしまえば良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    パチンコという悪の娯楽に陥る人の共通点はバカの一言である

    人それぞれ趣味というものが存在しており、趣味という娯楽に夢中に…

  2. オピニオン

    休日という自由時間があるから人は鬱になるんじゃないの?

    金曜日になって、明日から休みで自由な時間が2連休あると人はテン…

  3. オピニオン

    中卒などの低学歴は結婚という概念に悲観的過ぎるバカが多い

    二十代後半になると、周りの同僚や友達などが次々と結婚をしていく…

  4. オピニオン

    都会人が高齢者は運転をするなと主張するのは説得力が皆無

    最近、高齢者の運転事故が問題となっているが、ここで多くの人が高…

  5. オピニオン

    子どもに将来の夢を持たせる必要なんて一切無い

    小学校や中学校、そして高校に加えて大学でも自分の将来なりたい職…

  6. オピニオン

    今の若者はネットの情報に左右されて自分の意見を持たない

    今や小学生でもスマホなどを所有して、日常的にネットを閲覧してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    ヘリコプター免許を取得するなら知っておきたい全手順
  2. オピニオン

    マイナンバーカードが普及しないのは当然なんじゃないの?
  3. オピニオン

    思い出として記念写真を撮影するとかバカなんじゃないの?
  4. 雑学

    サイドブレーキを引いて車を走行した場合に懸念されるダメージ
  5. ブログ運営

    ブログのアクセス数を気にしているようでは三流ブロガーだね
PAGE TOP