メンタルヘルス

医師は患者に対して偽薬を処方することは実際にあるのか?

薬

病院に定期的に通っている人の中で長期的に受診を続けなければいけない症状として主に挙げられるのが、心の病である心療内科や精神科の受診をしている人であるのだが、このような心の病に処方される薬というのは、基本的に依存性の高い薬が処方されやすい傾向にある。

そのような依存性の高い薬を処方して、医師の指示に基づいた服用の仕方をしていれば依存という副作用の心配は無いのだが、中には処方された薬を医師の指示に従わずに、過剰摂取してしまう患者がいるのも実情である。このような場合には医師は危険性を判断して薬の減薬を提案するのだが、拒否する患者が多い。

そのような時に、医師が危険と判断すればある対処法を行う。この記事では薬を過剰摂取してしまう患者に対して医師が行う処置について解説していきたいと思う。もし、心療内科や精神科に通院している人はこの事実を知って欲しいと思う。それでは過剰摂取してしまう患者に対して行われる処置について解説していこう。

過剰摂取してしまう患者に対して医師は偽薬を処方する

冒頭でも解説した通り、医師の指示に基づかない薬の服用をする患者に対して行われる処置が、偽薬を処方するということである。この偽薬とは一見すれば普通の薬に見えるのだが、中身は何の有効成分も入っていないものである。この偽薬というのは功名に作られており、薬の知識の無い患者では偽薬という判断ができないのだ。

そのため、処方された薬に対して何の疑問も持たない患者は、この薬を飲めば気分が楽になると思い込み、服用を続ける。ここで「医師が偽薬を処方するなんて許せない」と考える人もいるかもしれないが、この偽薬にはプラセボ効果というものがあり、偽薬を飲まされている患者は飲んで気分が楽になったと錯覚する効果がある。

特に偽薬が処方されやすい薬としては依存性の高い精神安定剤などが主に処方される傾向にあるのだが、精神安定剤は過剰に摂取した場合は植物状態に陥る危険性のあるものである。そのため医師は患者の事を思って偽薬を処方するのであって、決して詐欺ではないということを理解してほしいと思う。

医師は危険性のある患者に対しては偽薬を処方するんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    人生の決断を迫られた時に背中を押してくれる思考法を伝授

    人というのは一生の中で人生の決断を迫られる場面というのが度々起…

  2. メンタルヘルス

    ストレスを軽くする魔法の言葉「どうでも良い」思考

    人は仕事や私生活でストレスを抱えてながら生活をしているが、スト…

  3. メンタルヘルス

    睡眠薬や精神安定剤を飲み続けると記憶力は低下するのか?

    現在の日本というのは鬱大国であり、仕事でストレスに追われる社会…

  4. メンタルヘルス

    物欲が強い人は買うまでの余韻を楽しむことを意識すべし

    物を購入するということは、適度なストレス発散と快感をもたらして…

  5. メンタルヘルス

    精神安定剤という無駄な薬は廃止にすれば良いんじゃないの?

    うつ病や不眠症や対人恐怖症という心の病は日本の大きな問題であり…

  6. メンタルヘルス

    朝が憂鬱なときには精神安定剤を飲んで出社するのがおすすめ

    現代はストレス社会であり仕事や学校に行かなければいけない朝に気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    福井県の小中学生の学力と体力が上位に君臨している本当の理由
  2. オピニオン

    ニートや引きこもりの本当の社会復帰は「就職」ではない
  3. オピニオン

    大量生産品に完璧を求めるのは愚かな人間である
  4. ブログ運営

    インデックスに登録済みが減少しても焦る必要は全くない理由
  5. オピニオン

    免許証の不細工な顔写りは第三者から見た本当の自分の顔である
PAGE TOP