稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

人生を好転させたいのなら挑戦より先に過去を捨てる事が重要

      2016/10/04

仮面

自分の人生が上手く行っていない人というのは、自分を高めるために何かに挑戦するということを先に意識してしまうが、このような挑戦というのは、結局は長続きしない傾向にあるということを知るべきである。人生を好転させるために重要なのは何かに挑戦するより先にしなければいけない事は捨てるという選択肢を持つことだ。

なぜ何かに挑戦する時には捨てるという事が重要なのかと説明すると、多くの人というのは自分を変えたいという願望があると、その夢に向かって努力をする。しかし、大抵の人というのは自分を変えたいと心の底から感じていても、自分を変えるということはできないのである。

その理由は至って簡単であり、過去の出来事に縛られているという一言に全てを表すことができる。例えば、自分を変えたいと心底思っていても、自分の過去という暗いレッテルを自分自身で作り出してしまい。自分にはそんな人生を好転させる挑戦は不可能であると決めつけてしまうためだ。

人生を好転させたいと感じている人というのは、まず先に目標を立てて計画を念入りに考えるが、そんな将来予想図など人生を変えるためには必要は無いのである。人生を好転させるために重要なことは、過去を捨てるということが一番重要であり、過去を捨てることが出来れば人生を好転させることは容易いことである。

例えば、ニートから脱出をして社会復帰をしたいと感じている人であれば、ニートから脱出をした自分というものを想像する。しかし、多くのニートが行動に移せないのは、過去の駄目な自分を思い描き、根拠のない自己嫌悪に陥ってしまうため、ニートから脱出ができないのである。

そのため、人生や自分の性格を根本的に変えたいと感じている人は、将来のビジョンを構成するのではなく、過去を捨てるという意識を持つということが一番失敗しない人生を好転させる方法なのだ。これから人生の計画を練っている人は、将来の計画を立てるのではなく、捨てるという事を意識して欲しいと思う。

人生を好転させたいのなら捨てる事が重要なんじゃないの?

 - メンタルヘルス