稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

過去を悔やんでも無意味である事を理解して未来に生きろ

      2016/10/06

未来

自分の現在の状況に納得していないという人は、今までの自分の行いを反省して、過去を悔やむ人というのが本当に多いと思うが、このような過去を悔やんでもメリットというのは皆無であり、過去を悔やむ必要性などないのである。そのため過去を悔やむ暇があれば、これからの未来を考える事が重要だ。

例えば、自分の年収が少ないのは自分が過去に遊んでばかりいて、勉強を疎かにしてしまったという風に、過去に縛られた考えのみで今後の未来について今できることを一切考えないという人は、これからの将来も真っ暗であるという事を知るべきである。

重要なのは、過去の柵に捕らわれずに、未来の事を見据えて行動を移すという事であり、過去に拘っていては何の進展もないし、デメリットしか存在しない。そのため、自分を変えたいと感じている人は、過去の出来事など一切忘れて、自分の将来の事を良く考えて今から出来る事を行動に移してほしいと思う。

このように説明すると、当たり前であるように感じるが、このような過去の反省ばかりしていて、今から将来を見据えた実行に移せない人というのは本当に多い傾向にある。そのため、過去を悔やんでばかりいる人は過去の事など忘れて、未来に生きるという事を意識して生活を送るべきなのである。

反省をしても意味がないんじゃないの?

 - オピニオン