カラダ

不眠症の人よ!別に寝なくて良いのだ夜中に遊びに遊べ!

夜の月

夜に寝れなくて悩んでいる不眠症の人がまず第一に考えることは、夜にしっかりと睡眠をとるために心療内科などに出向いて睡眠薬などを処方してもらうことだと思うが、このような不眠症に悩んでいる人がせっかく寝れない体質を手に入れているのに、薬の力で寝るというのは勿体ないことである。

ここで「夜寝れなくて悩んでいるのに勿体ないとは何事だ」と感じる人もいるかもしれないが、不眠症の人というのは、会社から束縛されていた時間から解放されて自由に遊べる時間を大いに設けることが出来る実はメリットの多い体質であるということを理解してほしいと思う。

不眠症の人に共通していることが、ベッドに入って睡眠を取ろうとするが、中々寝付つけずに1時間、2時間ベッドの中で「寝れない」と嘆いている人が多いのだが、このようなベッドに入って数時間も寝付けないのであれば、逆に遊んでいた方が良いのである。

無理に寝ようとするから、逆に寝れないのであって、寝れないのならば遊べば良いという風に考え方を変えると、今までベッドの中で寝るという事が苦痛だった時間が、思いっきり遊べる時間に変わって毎日が劇的に楽しくなるという事実を知って欲しいと思う。

しかし、こう考える人もいるだろう「睡眠時間を削ると昼間が辛い」という風に…だが実際にベッドに入ってゴロゴロしている時間と遊んでいる時間というのは同等の時間であり、今まで寝付けずにベッドでゴロゴロしていた人が、夜遊びの時間に変えても体調の変化などないのだ。

そのため、不眠症で悩んでいる人は無理に眠るという選択肢は捨てて、寝れないのなら自分の趣味の時間に有効活用するという時間に変えてやれば良いのである。人間は多少眠らなくても大丈夫なようにできている。なので寝れない時間を有効活用して思いっきり遊ぶという事を意識してみて欲しいと思う。

別に無理をして寝る必要なんてないんじゃないの?

関連記事

  1. カラダ

    薬の血中濃度を下げる方法について解説していきたいと思う

    医師から処方される薬というのは、絶対に用法用量を厳守して服用を…

  2. カラダ

    清潔感のある男になるためのチェックポイントを学ぶ

    男ならば不潔な人より清潔感のある男性の方が人から好かれやすいの…

  3. カラダ

    眼鏡の度数を上げた直後に感じる目の疲れは慣れていないため

    最近では、スマホやタブレットなどの普及によって子供の頃から近く…

  4. カラダ

    禁酒をする事で得られる人生のメリットとは?

    大人になりコーラよりワインの方が美味しいと感じてしまうようになる大人の…

  5. カラダ

    禁煙成功の秘訣はタバコの記憶を抹殺することに尽きる

    タバコが年々増税していくにつれて禁煙を考える人も多くなってきた…

  6. カラダ

    顔の皮脂の分泌が過剰なオイリー肌から卒業するための秘訣

    今は女性のみならず、男性でも肌のスキンケア対策を行うのが珍しく…

コメント

    • Silk
    • 2018年 9月 17日

    こんにちは。はじめまして。
    記事を拝読させていただきました。

    眠らなくてもずっと元気で居られるなら良いのですけれどね。
    しかし病気としての不眠症はそういうわけではないのです。
    誤解を招く恐れがあるので”不眠症の人”を”眠れない人”に変えていただけませんか?
    病気としての不眠症はそんな生易しいものではないのです。
    実際、3日眠れなければどのようになるかご存知ですか?
    私の実体験では頭痛から始まり、眩暈、そして視界が歪み4日目には鉛筆で真っ直ぐに線を引くことも出来なくなり、立って歩こうとしてもまっすぐ歩く事も出来ず倒れてしまいます。
    薬が無ければここまで眠れなくなる。それが不眠症です。
    薬に頼って克服しようとはしていないので闘病中…とは言えないかもしれませんが、確実に薬が必要な人は一定数いますので、こちらの記事の表現では私たちのような人間の心は些か傷つきます。
    個人差はあるでしょうけれど、もし可能であるなら2~3日徹夜をしていただけると、私の言っている事が真実である事を少しは理解していただけるかと存じます。
    勿論、身体に負担がかかる事ですので私の言葉を信じて頂けるのが一番ですが…病気はなってみないと解らないものですから。。。

    ものもちは私も良いですよ(笑)
    仰るとおりだと思いました。
    ブログ、頑張ってくださいね。

    • Silk
    • 2018年 9月 17日

    こんにちは。はじめまして。
    記事を拝読させていただきました。

    眠らなくてもずっと元気で居られるなら良いのですけれどね。
    しかし病気としての不眠症はそういうわけではないのです。
    誤解を招く恐れがあるので”不眠症の人”を”眠れない人”に変えていただけませんか?
    病気としての不眠症はそんな生易しいものではないのです。
    実際、3日眠れなければどのようになるかご存知ですか?
    私の実体験では頭痛から始まり、眩暈、そして視界が歪み4日目には鉛筆で真っ直ぐに線を引くことも出来なくなり、立って歩こうとしてもまっすぐ歩く事も出来ず倒れてしまいます。
    薬が無ければここまで眠れなくなる。それが不眠症です。
    薬に頼って克服しようとはしていないので闘病中…とは言えないかもしれませんが、確実に薬が必要な人は一定数いますので、こちらの記事の表現では私たちのような人間の心は些か傷つきます。
    個人差はあるでしょうけれど、もし可能であるなら2~3日徹夜をしていただけると、私の言っている事が真実である事を少しは理解していただけるかと存じます。
    勿論、身体に負担がかかる事ですので私の言葉を信じて頂けるのが一番ですが…病気はなってみないと解らないものですから。。。

    ものもちは私も良いですよ(笑)
    仰るとおりだと思いました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 家電

    自作パソコンのSSD容量は妥協をしてはいけない理由
  2. メンタルヘルス

    物持ちが良い人に共通した4つの習慣とは?
  3. メンタルヘルス

    物欲という欲は人間には不必要な欲求だ!
  4. オピニオン

    ニートが独立系の資格を取得して一発逆転を狙うのはやめておけ
  5. オピニオン

    社会人の財布の中に入れておくべき金額は年齢と比例する
PAGE TOP