稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

自分を変える努力なんてする必要なんてないんじゃないの?

      2016/10/12

悩む女子

人は向上心というものを求めて、自分を変えるための努力というものをすると思うが、自分を変える努力なんてものは本当に必要なのだろうか。まず、自分を変えたいと思っている人の大半は目標を掲げて、その目標に向かって切磋琢磨をすると思うが、大半の人はそう簡単に自分を変えることなんてできないのである。

そもそも、自分を変える努力なんてものは、本当の素の自分というものを隠し通して、明るく振る舞ったり、無駄にお洒落に気をつかう傾向にあるが、そんな努力をしても、結局は自分が疲れてしまうだけであり、自分を変える努力というのは、結局は無駄な努力であるとしか言いようがないだろう。

自分を変えたいと思っている人は様々な理由があって、自分を変えたいと思っていると思うが、無理に素の自分を隠し通して八方美人になったとしても、それが正解だとは限らない。自分を変えたいと思っている人は自分を変える努力をすることの無意味さというものに気が付いてほしい。

自分を変えたいと思っている人は、自分の性格を根本的に変えるということに意識を集中させてしまうが、無理に自分の性格を変えるというのは人格形成からやり直す必要性があるものであり、今の自分を変えることは不可能に近いことなのである。そのため無理に性格を改善させる必要性なんてものはないのだ。

重要なのは、今の素の自分という個性を生かすということであり、無理に自分を変えるというのは、何度も言うが根本的に考え方が間違っている。そのため、自分を変えたいと思っている人は今の素の自分を受け入れてその個性を伸ばす努力をするべきなのである。これが正しい自分を変える方法なのだ。

無理に自分を変える必要性なんてないんじゃないの?

 - メンタルヘルス