オピニオン

休日という自由時間があるから人は鬱になるんじゃないの?

カフェ

金曜日になって、明日から休みで自由な時間が2連休あると人はテンションが上がり、明日の休日に何をするか考えワクワクすると思うが、その2連休が終わりかけの日曜日の夕方になると、明日からの仕事の事を考えていきなりテンションが下がってしまう人が殆どであると思う。

このように、休日という時間は元気の前借であり、最終的には鬱になる根本的な原因となるものであり、私は休日という自由時間は不必要であると断言できる。このように言うと「休日が無いと余計に鬱になる」と考える人もいるかもしれないが、休日が無い方が人は元気に暮らせるのだ。

その理由として挙げられるのが、日曜日の夕方になるとテンションが下がってしまい明日から仕事に束縛されるという思いが強くなり、余計に鬱になる傾向と、仕事に行きたくないという思いが強すぎるとサボり癖が付いてしまう悪循環に陥ることになるためである。

良く考えて欲しいのだが、月曜日を迎えて一週間を過ごしてみると仕事に対して鬱な気分にはならないはずだ。むしろ明日も頑張ろうという思いがこみ上げてきてテンションが上がる人の方が多いだろう。ここで休日という自由時間を与えてしまうとやる気に対するリミッターが外れて鬱になるのだ。

そのため、休日という丸一日の自由時間を与えるのではなく、半日出勤という勤務体制を作り上げることが重要であると考える。それは平日の中で半日の休日を週に2回程度設けることで、仕事に対するリミッターを過度に外さずに鬱な気分にならなくて済み、結果として仕事に対する意欲をキープさせることができるのだ。

丸一日の休日なんて必要ないんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    安月給の社畜は会社の規則を破り副業を始めるべきである

    毎日一生懸命になって働いているのに賃金が低い安月給の人というの…

  2. オピニオン

    有人スタンドで燃料コックを規定トルクで閉めないバカスタッフ

    セルフスタンドでは自分で燃料コックを開けて給油をするが、有人ス…

  3. オピニオン

    私は人間が作り出した汚い造作物には一切興味がない

    人が何かを欲しいと思う場合の代表的なものと言えば、車であったり…

  4. オピニオン

    マイナンバーカードが普及しないのは当然なんじゃないの?

    一人一人に番号が振り分けられるマイナンバーカード制度が施行され…

  5. オピニオン

    大量生産品に完璧を求めるのは愚かな人間である

    人が物を購入する際に一番ワクワクする瞬間というのは、箱から開け…

  6. オピニオン

    車の運転が下手な人の決定的な思考は「自惚れ」という事実

    車の運転免許が取得できる年齢になり、免許を取得した時期というの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    バイクのバッテリー上がり時の押しがけの方法を解説
  2. メンタルヘルス

    人生を変えたいのなら捨てることを意識することの重要性
  3. オピニオン

    YouTuberを目指すよりブロガーになる方がメリットが多い
  4. 雑学

    引きこもりやニート達は軽犯罪法に違反している存在なのか?
  5. オピニオン

    ランキングサイト等の情報を絶対に信用してはいけない理由
PAGE TOP