稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

休日という自由時間があるから人は鬱になるんじゃないの?

      2016/10/16

カフェ

金曜日になって、明日から休みで自由な時間が2連休あると人はテンションが上がり、明日の休日に何をするか考えワクワクすると思うが、その2連休が終わりかけの日曜日の夕方になると、明日からの仕事の事を考えていきなりテンションが下がってしまう人が殆どであると思う。

このように、休日という時間は元気の前借であり、最終的には鬱になる根本的な原因となるものであり、私は休日という自由時間は不必要であると断言できる。このように言うと「休日が無いと余計に鬱になる」と考える人もいるかもしれないが、休日が無い方が人は元気に暮らせるのだ。

その理由として挙げられるのが、日曜日の夕方になるとテンションが下がってしまい明日から仕事に束縛されるという思いが強くなり、余計に鬱になる傾向と、仕事に行きたくないという思いが強すぎるとサボり癖が付いてしまう悪循環に陥ることになるためである。

良く考えて欲しいのだが、月曜日を迎えて一週間を過ごしてみると仕事に対して鬱な気分にはならないはずだ。むしろ明日も頑張ろうという思いがこみ上げてきてテンションが上がる人の方が多いだろう。ここで休日という自由時間を与えてしまうとやる気に対するリミッターが外れて鬱になるのだ。

そのため、休日という丸一日の自由時間を与えるのではなく、半日出勤という勤務体制を作り上げることが重要であると考える。それは平日の中で半日の休日を週に2回程度設けることで、仕事に対するリミッターを過度に外さずに鬱な気分にならなくて済み、結果として仕事に対する意欲をキープさせることができるのだ。

丸一日の休日なんて必要ないんじゃないの?

 - オピニオン