オピニオン

休日という自由時間があるから人は鬱になるんじゃないの?

カフェ

金曜日になって、明日から休みで自由な時間が2連休あると人はテンションが上がり、明日の休日に何をするか考えワクワクすると思うが、その2連休が終わりかけの日曜日の夕方になると、明日からの仕事の事を考えていきなりテンションが下がってしまう人が殆どであると思う。

このように、休日という時間は元気の前借であり、最終的には鬱になる根本的な原因となるものであり、私は休日という自由時間は不必要であると断言できる。このように言うと「休日が無いと余計に鬱になる」と考える人もいるかもしれないが、休日が無い方が人は元気に暮らせるのだ。

その理由として挙げられるのが、日曜日の夕方になるとテンションが下がってしまい明日から仕事に束縛されるという思いが強くなり、余計に鬱になる傾向と、仕事に行きたくないという思いが強すぎるとサボり癖が付いてしまう悪循環に陥ることになるためである。

良く考えて欲しいのだが、月曜日を迎えて一週間を過ごしてみると仕事に対して鬱な気分にはならないはずだ。むしろ明日も頑張ろうという思いがこみ上げてきてテンションが上がる人の方が多いだろう。ここで休日という自由時間を与えてしまうとやる気に対するリミッターが外れて鬱になるのだ。

そのため、休日という丸一日の自由時間を与えるのではなく、半日出勤という勤務体制を作り上げることが重要であると考える。それは平日の中で半日の休日を週に2回程度設けることで、仕事に対するリミッターを過度に外さずに鬱な気分にならなくて済み、結果として仕事に対する意欲をキープさせることができるのだ。

丸一日の休日なんて必要ないんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    VR技術は数年後にスマホ並みの爆発的普及を果たす理由

    近年、プレイステーションを筆頭としてVRという言葉が若者を中心…

  2. オピニオン

    現代人は不必要な情報に振り回される情報過多ストレスの脅威

    多くの人が朝に起床すればテレビを付けて朝食を食べながら朝のニュ…

  3. オピニオン

    車は交通手段の無い地方を除いて所有しないほうが良い理由

    昔の若者たちは見栄を張って自分の財力以上の良い車を所有すること…

  4. オピニオン

    仕事を辞めたいのならクビ宣告をされる行動を頻繁に行え

    今の仕事がつまらないし、自分の想像していた夢と全く違う会社で働…

  5. オピニオン

    お金に好かれない人は小銭を雑に扱うという共通点がある

    今月もお金の出費が激しくて、無駄遣いが多すぎるというお金に好か…

  6. オピニオン

    ブラックバイトに勤務している学生は辞める精神を学ぶべし

    学生のバイトで、正社員と同様の責任を負わせて長時間労働やノルマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    国語の通知表が1だった私でも月間4万PV以上のブログを運営できています
  2. 雑学

    車のサイドミラーが破損した場合の修理費用を整備士が解説
  3. 雑学

    速度取り締まりは標識の何キロオーバーで切符を切られるのか?
  4. 雑学

    PCメーカーであるASUSの読み方について決着をつける
  5. ブログ運営

    ブログ運営におけるSEO対策で必要な文字数に決まりはない
PAGE TOP