オピニオン

休日という自由時間があるから人は鬱になるんじゃないの?

カフェ

金曜日になって、明日から休みで自由な時間が2連休あると人はテンションが上がり、明日の休日に何をするか考えワクワクすると思うが、その2連休が終わりかけの日曜日の夕方になると、明日からの仕事の事を考えていきなりテンションが下がってしまう人が殆どであると思う。

このように、休日という時間は元気の前借であり、最終的には鬱になる根本的な原因となるものであり、私は休日という自由時間は不必要であると断言できる。このように言うと「休日が無いと余計に鬱になる」と考える人もいるかもしれないが、休日が無い方が人は元気に暮らせるのだ。

その理由として挙げられるのが、日曜日の夕方になるとテンションが下がってしまい明日から仕事に束縛されるという思いが強くなり、余計に鬱になる傾向と、仕事に行きたくないという思いが強すぎるとサボり癖が付いてしまう悪循環に陥ることになるためである。

良く考えて欲しいのだが、月曜日を迎えて一週間を過ごしてみると仕事に対して鬱な気分にはならないはずだ。むしろ明日も頑張ろうという思いがこみ上げてきてテンションが上がる人の方が多いだろう。ここで休日という自由時間を与えてしまうとやる気に対するリミッターが外れて鬱になるのだ。

そのため、休日という丸一日の自由時間を与えるのではなく、半日出勤という勤務体制を作り上げることが重要であると考える。それは平日の中で半日の休日を週に2回程度設けることで、仕事に対するリミッターを過度に外さずに鬱な気分にならなくて済み、結果として仕事に対する意欲をキープさせることができるのだ。

丸一日の休日なんて必要ないんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    車検制度は将来的に廃止される運命なのか考察してみる

    車やバイクを購入すると、絶対的に維持費というものが必要になり、…

  2. オピニオン

    モチベーションを持続させたいなら「夢や希望」を放棄する事が重要

    モチベーションが続かなくてせっかく決意した事を早々に放棄してし…

  3. オピニオン

    平凡な毎日を変えたいのならば毎日1つの日常を破壊すべし

    学生であれば、学校帰宅して宿題をして日常を送る。会社員であれば…

  4. オピニオン

    自動車整備士が自動車メーカーに恐縮ながら物申す

    今や自動車というのは国民の足となり、物流の基盤となっている乗り…

  5. オピニオン

    ネットで得た固定観念に人生を左右されてはいけない重要性

    主にインドア派の休日の過ごし方というものを改めて考えてみると、…

  6. オピニオン

    中型取得者の大型二輪免許の規制緩和を推進して欲しいものだね

    今年の7月から125ccクラスの二輪免許の取得の規制緩和が実施…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    悩み事は時間が解決してくれるから悩む必要なんて無いですよ
  2. オピニオン

    平凡な毎日を変えたいのならば毎日1つの日常を破壊すべし
  3. オピニオン

    田舎暮らしに車は果たして必須な交通手段なのか考察してみる
  4. メンタルヘルス

    部屋に友人を招きたくない人の心理を読み解こうと思う
  5. カラダ

    高確率で金縛りになる方法を解説したいと思う
PAGE TOP