稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

お年寄りはブログを執筆する習慣を付けるべきなんじゃないの?

      2016/10/17

ノートパソコン

最近では、80歳を過ぎたお年寄りが若い者に負けずとパソコン等のガジェット機器に挑戦してみようと、パソコン教室などに足を運んで今まで触ったことのない未知の世界に踏むこむお年寄りというのが本当に増えている。しかし、パソコン教室で習う事といえば簡単なパソコンの操作等に留まるのが原状である。

例えば「パソコンを使って年賀状を作りましょう」という至って簡単なパソコンの操作のみで満足してしまうのは本当に勿体ないとしか言いようがない。せっかくお年寄りがパソコンに興味を示したのなら、ぜひパソコンを使ってブログを執筆する習慣というものを付けるべきだと私は断言したい。

その理由として挙げられるのが、80歳を過ぎたお年寄りというのは、この世の中の知り尽くしていると言っても過言ではないため、お年寄りが書く文章というのは若いブロガーに比べて格段に説得力のある文章に仕上がり、多くの人に共感してもらえるという事が考えられるためだ。

お年寄りの趣味と言えば、アナログ的な趣味が多く挙げられるが、このようなデジタルの世界に足を踏み込んで世界中に情報を発信すれば、それは若い人にとっては有益な情報となる。例えば戦時中の実体験などをブログに書き綴れば、それは戦争を体験した人にしか分からない実体験というものを多くの人に伝える事ができる。

このように、お年寄りがブログを書くという事を習慣化して年配ブロガーとして活躍する人が増えれば、このネット上に年齢を重ねた人にしか分からない感情というものを全国に発信することができ、尚且つ、文字を書くということでボケ防止にも繋がること間違えなしであり、お年寄りはブログを執筆するメリットは大きいのだ。

もし、パソコンやスマホ、タブレットに興味があり、もっと踏み込んだネット世界を体験したいならば、このように全国に自分の意見を発信することができるブロガーとなることを強くお勧めしたいと思う。今求められるブロガーは若造のブロガーではなく、お年寄りのプロブロガーの誕生という一言に尽きるだろう。

お年寄りはブログを書く必要があるんじゃないの?

 - ブログ運営