稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

自分の性格を変える究極的な考え方の転換を伝授したいと思う

      2016/10/19

瞑想する女性

自分の性格が暗くて明るい人というものに憧れて自分の性格を変えたいと考えている人は多くいることだろう。しかし、自分の性格を変えるというのは本当に難しいことであるのが実情である。その理由は人の性格というのは幼少期の人格形成時期に全て決まってしまうためだ。

この幼少期に作られた人格形成を覆すというのは本当に難しいことであり、自分の性格を変えたいと思っている人の殆どは自分の性格というのは変えられない。しかし、このような人格形成という性格の形成に左右されずに性格を変える手っ取り早い方法があるので紹介していきたいと思う。

もし、自分の性格が嫌で自分を変えたいと心の底から思っているのであれば、これから紹介する考え方の転換というものを行って欲しいと思う。そうすれば自分の性格を根本的に変えるというのは決して難しいことではないのである。それでは紹介して行こう。

自分の性格を変えるための考え方の転換技

人の顔色を覗わない

自分の本当の素の性格を隠して、八方美人な人というのは極度に人の顔色を覗って、人にどのように思われているのか?人に嫌われないだろうか?という考えが常に付きまとって、自分を変えたいと心の底から思っていても中々実行に移せない人がとても多い傾向にある。

そのような場合には、他人の顔色など覗わず、世界が自分中心に回っていると思い込むということが大切なのである。それは人というのは心の底では何を思っているのか表面だけでは分からないためだ。それならば、思い切って自分を変えるための努力を積極的に行うべきだろう。

明日死んでも良いと考える

自分の性格を変えられない人に共通していることが、他人から嫌われたり、悪口を言われたりするのではないのか?という事前恐怖を恐れ過ぎていることだ。このような嫌われたくないという心理をかき消すには、別に明日死んでも良いと考える開き直りが自分の性格を変えるためには必要な心理技術である。

明日のことを考えずに、別にいつ死んでも良いという考え方の転換を行うと、人の意見や固定観念というのものが一気に崩れて、自分が今日楽しむために何が出来るか?ということが第一になり、人の顔色を覗って生活することが馬鹿らしくなり、素の自分を思いっきり出すことに抵抗感が無くなるのだ。

自分の目標としている人物の真似をする

上記で説明した考え方を取り入れたら、次に行って欲しいのが、自分が目標としている人物の行動や言動を真似をするということである。闇雲に目標なく自分を変えたいと思っていても中々自分を変えられないのは、お手本となるマニュアルというものが存在しないためだろう。

そのため、自分の目標としている人物の行動や言動をマニュアル化して、お手本にすれば自分が本当に変わりたい性格が明確に分かるようになる。このように自分の性格を変えるためには、自分が目標としている性格を持ち合わせた人物の行動を真似てみるということが重要なのである。

自分の性格を変えることは難しいことではないんじゃないの?

 - メンタルヘルス