稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

会社員ブロガーは休日にはブログを執筆しない方が良い理由

      2016/10/24

ブログを執筆するブロガー

ブロガーという書き手には大きく分けて二種類あり、専業としてブログを書いているブロガーと会社に勤めながらブログを執筆しているブロガーに分けられる。専業ブロガーは一日中ブログを執筆する時間に充てられるのに対して、会社員ブロガーは帰宅した少ない時間でブログを執筆しなければいけない。

そこで問題となるのが、休日にブログ記事を執筆する必要性があるのか?ということである。会社員が少ない休日を使ってブログを執筆すると、大抵の会社員ブロガーは貴重な一日の休みを殆どブログの執筆に充ててしまいたいという心理状態になるが、貴重な休みをブログに充てる必要性はあるのだろうか?

会社員ブロガーが少ない休みを一日中ブログの執筆に充ててしまう最大のデメリットとして考えられるのが、貴重な休みの殆どを一日中ブログを執筆するという時間に充ててしまい、やらなければいけない事をお粗末にしてしまうというデメリットが存在し、会社員は休日にはブログを執筆しない方が良いのである。

例えば、会社員は少ない休みを利用してブログを執筆すると、一日中ブログを執筆する時間に充ててしまい、殆ど家から出ない休日引きこもり状態に陥ってしまう。そして、ブログに熱が入りすぎると、休日にブログ記事を量産しなければいけないという心理になり、ブログを書くということが苦痛の種となりかねない。

ではどのようにして会社員ブロガーは毎日更新を続けるのかと単刀直入に説明すると、平日の帰宅した時間や朝の時間を有効活用してブログを執筆するということを強くお勧めしたいと思う。人は7時間の睡眠と取らなければいけないという固定観念があるが、そんなに寝なくても良いのである。

この仕事から帰宅して、自由な時間を有効活用してブログ記事を量産するというスタイルに変えていくと記事のストックというのは溜まっていき、体を休める休日にブログを執筆しなけばいけないという考えに陥らずに済むのである。そのため、会社員ブロガーは平日の空き時間を有効活用してブログを執筆すべきだ。

私は会社員プロブロガーであり、毎日更新を心がけている。しかし、休日にはパソコンの電源を入れるということはせずに、外に遊びに出るなどメリハリを付けた生活を送っている。このように会社員ブロガーはブログを書く時には本気で書く。そして力を抜く時にはブログを一切書かないというメリハリは重要なのである。

会社員ブロガーは休日にはブログを執筆しなくて良いんじゃないの?

 - ブログ運営