稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

お金の使い道が無い人は他人の為にお金を使うべきである理由

      2016/10/28

プレゼントを渡す女性

特に最近の若者に多く見られるのだが、学校という学び舎を卒業して自分の稼いだお金を自由に使えるようになると、口座に貯まっていくお金をどのようにして使えば良いのか分からないという人が多い傾向にある。これは若者に限ったことではなく、社会人でもお金の使い道というものに悩む人が多いのも実情だ。

自分が稼いだお金の使い道というものを真剣に考えてみると、自分の私利私欲のためにお金を使うということを選ぶ人が大半であるが、このような欲しくもない楽器や娯楽品などを購入しても本当に正しいお金の使い道なのか疑問に感じる人も多くいることだろう。

私利私欲で自分の好きな物を購入することは、確かに一種のストレス発散材料となるかもしれないが、稼いだお金を欲しくも無い物に投資するというのは誤ったお金の使い道であり、後々後悔をする根源となるのが実情だ。そのため本当にお金の使い道が無いという人は他人の為にお金を使うということを強くお勧めしたい。

他人の為にお金を使うメリットは大きい

冒頭でも説明した通り、多くのお金の使い道が無い人というは自分の給料が口座に振り込まれると、無駄に私利私欲の為にお金を浪費してしまう傾向にあるが、このような私利私欲のためにお金を使うというのは本来あるべき正しいお金の使い方ではないのである。

では、物欲が無いというお金の使い道が無いという人はどのようにしてお金を使うべきなのか?という事に焦点を当てると、物を購入したり、私利私欲のためにお金を浪費するのではなく、他人のためにお金を使うということが一番正しいお金の使い道ということを知って欲しい。

例えば、私利私欲のためにお金を使うとそれは一時的なストレス発散材料となるかもしれないが、他人のためにお金を使うということを意識して、親やお世話になった人にプレゼントを贈ったり、ユニセフなどの世界で困っている人に対してお金を使うと私利私欲で物を購入するより爽やかな気分になるのだ。

そのため、お金の使い道が良く分からずに貯金をするということが目的となってしまっている人は、私利私欲のためにお金を使うという選択肢は捨てて、他人の為にお金を使うということを心がけて欲しいと思う。このような人が世界中に増えればもっと世の中は素晴らしい世界になるはずである。

お金の使い道が分からない人は他人の為にお金を使えば良いんじゃないの?

 - オピニオン