オピニオン

ニートになりたい社畜は毎日予定がある事の幸せを知るべきだ

予定を書き込む

学校を卒業して、会社に勤めて自由な時間というものを経験したことの無い人達というのは、一度で良いから毎日自由気ままな時間を過ごしてみたいと考えたことは皆一度はあるだろう。しかし、社会のレールから外れてしまえばそれはニートと呼ばれる存在となり、社会的に淘汰されてしまう。

社会的に拘束されてしまう学生や会社員などは、ニートという自由気ままな時間を送っている存在に対して、怠け者という感情の裏腹に羨ましいという感情を持っている。しかし、ニートという存在は精神的なストレスの面から言うと会社員より辛い立場であるということを知るべきである。

私は高校という無意味な教育に嫌気をさして、高校を中退して5年程度ニート生活を送っていたのだが、5年間もニートという生活をしていると、毎日が本当に精神的に疲れてしまうのである。それは将来に対してのストレスや世間体を気にすること、そして尚且つ毎日予定が無いというストレスがかなり大きかった。

毎日予定が埋め尽くされている学生や会社員というのは、日々予定に追われて疲れてしまうかもしれないが、毎日予定が無いという生活の方が圧倒的にストレスの度合いから言うと大きい。毎日毎日が同じ事の繰り返しであり、そして将来が見えないという恐怖に押しつぶされるのだ。

そのため、毎日が予定で埋め尽くされていて、自由な時間を追い求めてニートになりたいという願望がある人は、毎日が予定で埋め尽くされているという幸せに気が付くべきであり、予定を作ってくれる社会に対して感謝をすべきなのである。ニートという存在は決して自由な存在ではないのだ。

ニートは自由人ではないんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    成功者に共通している第一条件は「バカ」であるということだ。

    安定志向が重視される世の中である一方で、将来は自分で起業をした…

  2. オピニオン

    ブラック企業問題が深刻化している裏腹に労働できる感謝が欠落している

    最近はネット以外でも労働者に過酷な勤務体制で仕事に取り組まなけ…

  3. オピニオン

    仕事中にビールを飲んでも別に良いんじゃないの?

    仕事中にアルコールを摂取して仕事に臨むなんてことは言語道断だと…

  4. オピニオン

    資格を多く取得するメリットなんてものは皆無なんじゃないの?

    現在、様々な資格と呼ばれるものが数えきれない程に存在しているが…

  5. オピニオン

    ニートや引きこもりの本当の社会復帰は「就職」ではない

    ニートや引きこもりというのは様々な事情を抱えて、安心できる逃げ…

  6. オピニオン

    交通事故を起こした時点で相手に謝罪をすると不利になる

    車を運転している人であれば、交通事故というものは付き物であり、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    お清めの塩風呂に入ったら人生が好転した話をしたいと思う
  2. メンタルヘルス

    サボり癖の克服方法は束縛から解放させてあげることである。
  3. オピニオン

    ソシャゲに課金するとか本当にバカなの?
  4. ブログ運営

    会社に勤めながらにして毎日ブログを更新することは簡単なことですよ
  5. ブログ運営

    ブログが不手際によって表示出来なくなった場合の対処法
PAGE TOP