稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ゲームは時間の無駄という考えは古いんじゃないの?

      2016/11/07

ルービックキューブ

ゲームは時間の無駄であり、ゲームをする時間があるのであれば、もっと時間を有効に使って将来の役に立つことをしなさい。という決まり文句はゲームをしている人であれば何度も親に言われてきたことだろう。しかし、ゲームというのは本当に時間の無駄なのか?ということについて疑問を持つ人は少ない。

このゲームに対して時間の無駄と言う世代の人間というのは、ファミコンの世代でありゲームは高いお金を投資してソフトを購入したり、ゲームセンターまで足を運んでお金を投入してゲームをプレイしたりと、確かにゲームに対してお金と時間の無駄と考えるのも頷けるが、今の世代のゲームはどうだろうか?

私はゲームというものを一切しないのだが、弟のゲーム実況を見ていると今のゲームというのは、時間の無駄とは決して言えないと断言できる事柄があった。そのためこの記事では今のゲームは時間の無駄では無いという事に焦点を当てて解説していきたと思う。

ゲームが時間の無駄では無い理由

昔のゲームというのは基本的に単純なゲームであり、トランプのババ抜きと変わらない頭の体操くらいしかメリットというものが存在しなかったのだが、現在のゲームというのは功名にできており、頭をフル活用しないとクリアできないゲームが殆どであり、無駄に読書をするよりよっぽど頭の効率化には良いのだ。

そして、最近のゲームというのはヘッドセットを付けて他人と会話をしながらゲームを進めるというプレイの仕方が一般化しており、ゲームをするということで他人との会話が行える。そのためゲームをするということでコミュ障に陥るということが昔のゲームに比べて格段に減っているのではないのかと推測する。

特にインドア派の人はゲームに夢中になる傾向にあるが、このようなインドア派からゲームというものを取り除いた場合、無趣味に陥り一日中何もすることが無いという無気力人間になりかねない。それならば、現実逃避が出来て、頭の体操になるゲームに夢中になっていた方がよっぽど良いのである。

ゲームが時間の無駄ならば、世の中の趣味は全て時間の無駄である

人の趣味は様々あるが、特にゲームという趣味は時間の無駄であるという固定観念を持っている人が多く。ゲームを趣味と公言する人というのは少ない傾向にある。しかし、ゲームが時間の無駄ならば、この世の中に存在する趣味という娯楽は全て時間の無駄と言えるだろう。

例えば楽器を弾くということが趣味であれば、一銭にもならない演奏は時間の無駄。そしてツーリングが趣味であれば、移動することが時間の無駄。そう、全ての趣味というのは時間の無駄で構成されているのである。その中でゲームだけが特別に時間の無駄と主張する人は考え方が古いと断言できる。

逆に、頭を使わないアウトドアな趣味を持っている人より、ゲームをして頭をフル活用している人の方が、よっぽど時間を有効に使えていると言えるだろう。最近ではボケ防止のためにお年寄りがゲームを始める事例も多くある。そのためゲームは決して時間の無駄ではないだ。

ゲームは時間の無駄という考えは古いんじゃないの?

 - オピニオン