稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

人手不足は国家資格を廃止すれば解消できるんじゃないの?

      2016/11/11

ビル

保育士になるためには保育士免許を取得しなければいけない、自動車整備士になるためには自動車整備士試験に合格しなければいけない、行政書士になるためには行政書士試験に合格しなければいけない…。現在の日本というのは資格を持っていなければ仕事が出来ない仕事というのがかなり多い傾向にある。

だが、このような国家資格というのは本当に必要になる資格なのだろうか。確かに保育士であれば最低限の知識を身につけなければいざとなった時に子供の安全が確保できない。自動車整備士であれば、最低限の知識を身につけなければ同乗者の安全が確保できない等の問題点があるが、全て資格に物を言わせるのは間違っている。

現在、上記で挙げたような保育士や自動車整備士等の国家資格に該当し、特に業務独占資格に該当する業種というのは本当に人手不足で問題となっているが、この問題点の根本的な解決はこのような国家資格を持たなければ業務が遂行できないという制度を撤廃するということにあるだろう。

今の国家資格というのは、実践では何の役にも立たない知識のみを問い、それに対して資格の付与の判断を下すが、実際にこのような国家資格に該当する職業というのは技術職であり、知識の積み重ねが一番大切なのだ。そのため筆記試験だけで合否の判断を行うのは根本的に間違っていると断言ができる。

このような技術職の人手不足を解消するためには、資格で採用や不採用を決めるのではなく、国家資格という制度自体を撤廃し、誰でも会社にエントリーができる仕組みを構築することで多くの業種で叫ばれている人手不足という問題点が解消できるのだ。極論、人手不足というのは国家資格という壁があるからなのだ。

国家資格という制度は廃止にすれば良いんじゃないの?

 - オピニオン