稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

心配性や神経質な人に贈る心を軽くする魔法の言葉

      2016/11/15

ショックを受ける女性

心配性な人や神経質な人というのは日常生活で多くの心配事が次々と思い浮かんで、毎日が心配だらけで楽しくないという人がとても多い。人間は心配をする生き物であるため、多少の心配であれば問題は無いのだが、中には心配の度合いが強すぎて自暴自棄になってしまう人も大勢いるはずである。

このような心配性や神経質な性格を改善させるためには、相当の努力をしなければいけないと思い込んでいる人が大多数であるが、心配性や神経質な性格というのは、意外と簡単に治すことが可能であるのだ。この記事では心配性や神経質な性格を改善させる方法について解説していきたいと思う。

もし、心配性や神経質な性格で毎日が苦痛でたまらないという人は、これから紹介していく考え方の転換を行ってみて欲しいと思う。この習慣を身に着けてもらえれば心配性や神経質な性格というのは簡単に改善することができるはずである。それでは考え方の転換法について紹介しよう。

心配性や神経質な性格を和らげる2つの考え方の転換

先の事は考えない

まず、心配性や神経質な性格を持っているという人に共通しているのが、失敗をして後悔をしたくないという心理である。しかし、このような失敗をして後悔をしたくないという心理は無駄な心理状態であるのだ。人間は数秒先のことも予想はできないものであり、逆に失敗を恐れて行動することで失敗をする確率が高くなる。

そのため、このような失敗を恐れてしまう心配性な人は先の事を考えずに気軽に適当に物事を進めてみるという事を意識すべきであり、このように失敗をしても良いという事を意識すると、失敗をするという確率は下がるのだ。これが引き寄せの法則と呼ばれるものである。

一年後に同じ悩みを抱えているか考える

今から一年前の悩みを思い出して欲しいのだが、大抵の人は一年前の小さな悩み事など記憶にないはずである。そう、小さなことを悩むというのは極端に言えば無駄であるのである。それより重要なのは、今を楽しむということであり、小さなことで悩んでいる時間など無いのだ。

そのため、心配性や神経質な人というのは「一年後に同じ悩みを抱えているのか?」という事を意識してみて欲しいと思う。このように長期的なスパンで物事を考える癖を付けると心配性や神経質な性格というのは驚くほどに改善をすることが可能なのである。

小さなことで悩む必要性なんてないんじゃないの?

 - メンタルヘルス