稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

自分の車がタイミングチェーンか簡単に見分ける方法を伝授

      2016/11/23

タイミングチェーン

車というのは消耗品であり、長年乗っているの部品の交換をしなければいけなくなるのは車の免許を取得している人であれば誰しもがご存じのはずだろう。その中でも車を長年乗って走行距離が10万キロを超えるとタイミングベルトというものを交換しなければいけないのだがこれが工賃を合わせると高額なものなのだ。

しかし、現在が技術の発達で最近の車はタイミングベルトを採用せずに、タイミングチェーンを採用している車が多くなってきているのをご存じだろうか?このタイミングチェーンはタイミングベルトと違って、チェーンであるので、基本的に交換は必要は無く、経済的にもとても良いものである。

ここで気になるのが、自分の車はタイミングベルトではなく、タイミングチェーンを採用している車なのか?ということだろう。これは車の知識がなければ簡単には見分けられないと思っている人が多いのだが、実際は簡単にタイミングベルトがタイミングチェーンかを見分ける方法があるので解説したいと思う。

タイミングチェーンを簡単に見分ける方法

車のオイルキャップを開く

まず、車のボンネットを開けてオイル注入口のキャップを空けてみて欲しいと思う。オイルキャップが分からないという人もいるかもしれないが、基本的にキャップにオイルと書いているのでそれを反時計回りに回して貰えればオイルキャップが外れるので確認してみて欲しい。

オイル注入口にチェーンがあるか確認する

オイルキャップを開いたら、中を懐中電灯などで明かりを灯して、オイル注入口にチェーンがあることを確認してみて欲しいと思う。ここでチェーンが見えていれば貴方の車はタイミングチェーンであることが分かる。逆に何も見えないのであればタイミングベルトである可能性が高い。

タイミングチェーンの場合、交換は基本的に不要

冒頭でも説明したが、タイミングチェーンは滅多に切れることが無いために、基本的に10万キロ走行しても交換の必要性は無い。逆にタイミングベルトの場合は10万キロ走行すると、ベルトにヒビが入り、そのまま放置するとエンジンの故障にも繋がるため必ず10万キロ走行したらタイミングベルトの交換を行って欲しい。

巷では10万キロ走行した車は寿命であると考える人も多いのも実情であるが、現在の車というのは品質が良くなってきているため、10万キロで寿命という考えは間違っていると断言できる。そのため車を長く大切に乗りたいのであれば必ずタイミングベルトの交換は行うようにするべきである。

タイミングチェーンの確認は簡単なんじゃないの?

 - 雑学