雑学

自分の車がタイミングチェーンか簡単に見分ける方法を伝授

タイミングチェーン

車というのは消耗品であり、長年乗っているの部品の交換をしなければいけなくなるのは車の免許を取得している人であれば誰しもがご存じのはずだろう。その中でも車を長年乗って走行距離が10万キロを超えるとタイミングベルトというものを交換しなければいけないのだがこれが工賃を合わせると高額なものなのだ。

しかし、現在が技術の発達で最近の車はタイミングベルトを採用せずに、タイミングチェーンを採用している車が多くなってきているのをご存じだろうか?このタイミングチェーンはタイミングベルトと違って、チェーンであるので、基本的に交換は必要は無く、経済的にもとても良いものである。

ここで気になるのが、自分の車はタイミングベルトではなく、タイミングチェーンを採用している車なのか?ということだろう。これは車の知識がなければ簡単には見分けられないと思っている人が多いのだが、実際は簡単にタイミングベルトがタイミングチェーンかを見分ける方法があるので解説したいと思う。

タイミングチェーンを簡単に見分ける方法

車のオイルキャップを開く

まず、車のボンネットを開けてオイル注入口のキャップを空けてみて欲しいと思う。オイルキャップが分からないという人もいるかもしれないが、基本的にキャップにオイルと書いているのでそれを反時計回りに回して貰えればオイルキャップが外れるので確認してみて欲しい。

オイル注入口にチェーンがあるか確認する

オイルキャップを開いたら、中を懐中電灯などで明かりを灯して、オイル注入口にチェーンがあることを確認してみて欲しいと思う。ここでチェーンが見えていれば貴方の車はタイミングチェーンであることが分かる。逆に何も見えないのであればタイミングベルトである可能性が高い。

タイミングチェーンの場合、交換は基本的に不要

冒頭でも説明したが、タイミングチェーンは滅多に切れることが無いために、基本的に10万キロ走行しても交換の必要性は無い。逆にタイミングベルトの場合は10万キロ走行すると、ベルトにヒビが入り、そのまま放置するとエンジンの故障にも繋がるため必ず10万キロ走行したらタイミングベルトの交換を行って欲しい。

巷では10万キロ走行した車は寿命であると考える人も多いのも実情であるが、現在の車というのは品質が良くなってきているため、10万キロで寿命という考えは間違っていると断言できる。そのため車を長く大切に乗りたいのであれば必ずタイミングベルトの交換は行うようにするべきである。

タイミングチェーンの確認は簡単なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    アフィリエイトで確定申告をしていない場合のリスクを解説

    会社員として給料を貰っている場合には、会社が年末調整を行ってく…

  2. 雑学

    ヘリコプター免許を取得するなら知っておきたい全手順

    大空を自由に飛び回るヘリコプターを眺めて、一度はあのような大き…

  3. 雑学

    退職願と退職届の違いについて解説したいと思う

    毎日会社に束縛されてキツい仕事で安月給で働いている人は一度は会…

  4. 雑学

    原付バイクの寿命について整備士が解説したいと思う

    誰しもが自分の購入した車やバイクなどは長く乗り続けたいと思うは…

  5. 雑学

    電話の声は単純に音声を送信している訳では無い理由

    大多数の人に電話の音声は何故届くのかという疑問を投げかけると、…

  6. 雑学

    最近のお葬式でお清めの塩を配布しない納得の理由

    お葬式などに出向くと、火葬場の出口で必ずと言って良いほどお清め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    イケダハヤトは有言実行をしないクソ野朗である
  2. 雑学

    車のパワーウインドウが効かなくなった際の初期設定方法
  3. ブログ運営

    アフィリエイターが陥る「やる気が出ない症候群」の対処法
  4. 雑学

    車のリコール対策をしないと車にどのような悪影響があるのか?
  5. 音楽

    サンドーム福井が多くのアーティストに支持される納得の理由
PAGE TOP