稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

退職願と退職届の違いについて解説したいと思う

      2016/11/26

退職

毎日会社に束縛されてキツい仕事で安月給で働いている人は一度は会社を辞めて、もっと労働条件や賃金の高い会社に転職したいと考えたことはあるだろう。そうして会社を辞める決断をした人は上司に会社を辞めることを通知しなければいけないのだが、ここで一つの疑問が浮かび上がる。

それは退職願と退職届のどちらを上司に提出すれば良いのか?ということである。多くの人は退職願も退職届も同じ効力を持っていると勘違いしている人がとても多い傾向にあるが、実際は退職願と退職届は根本的に違うということを理解してほしいと思う。

この記事では会社を辞める決断をした人が退職願と退職届のどちらを上司に提出すれば良いのか分からないという人に向けて、これらの違いについて解説していきたいと思う。会社を辞める決断をした人は退職願と退職届の違いを理解して円満に会社を辞めることをお勧めしたい。

退職願と退職届の違いとは?

退職願は会社に退職したい意志を告げるもの

退職願は「会社を辞めたいので検討をよろしくお願いします」という意味を持っており、会社側に退職を決断する権限を渡すものである。例えば優秀な人材が退職願を提出すると上司は退職をすることを撤回することを求める場合がある。そのため退職願は退職したい意志を告げる効力しか持ち合わせていない。

そして退職願は撤回が可能であり、はやりこの会社に勤めたいと考え直した場合にはこれらの退職願は撤回をすることが可能である。そのため固い決意を持って退職する道を選ぶ人は退職願を提出することはあまりお勧めできるものではないということを理解して欲しいと思う。

退職届は退職する意志を告げるもの

一方、退職届は退職願と違って「私は会社を辞めるので仕事の引継ぎをお願いします」という意味を持ち合わせている。これは自分の意志で退職するということであり、基本的に退職願を提出すると撤回ができないものである。そのため固い決意を持って退職をする場合には退職届を提出することをお勧めしたい。

この退職届を提出すると上記で解説した通り、退職の撤回はできないため今の会社に留まるか悩んでいる人は退職届ではなく、退職願を上司に提出するということをお勧めしたいと思う。これらが退職願と退職届の決定的な違いなのである。もし退職を検討している人は参考にしてほしいと思う。

辞表は公務員及び役員が提出するもの

これも多くの人が勘違いをしてしまい易いものなのだが、会社員が退職をする際に辞表を提出するのは間違っている。辞表を提出すべきなのは公務員や会社役員などであり、会社員が辞表を提出すると受け取ってもらえないことが殆どであり上司に笑われてしまうので注意が必要だ。

そのため、会社員であればこれまで説明した通り、退職願と退職届の意味を理解して円満に会社を辞めて欲しいと思う。もし過酷な労働環境で仕事をしていて転職を考えている人はこれらの退職願と退職届の違いをしっかりと理解して上司に提出することが重要なのである。

退職願と退職届は効力が違うんじゃないの?

 - 雑学