稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

行政書士や司法書士などの難関資格は大手予備校を選ぶべし

      2016/12/01

古書

現在、様々な資格というものが存在しており、資格の数は山のようにあるのが現状である。その中で多くの人が何等かの資格を取得したいと考える場合は独立系の難関資格である行政書士や司法書士などの国家資格を取得したいと考える人も多いと思うが、ここで一つ問題点がある。

それはこのような難関な資格というのは独学では到底合格することが困難であり、予備校や通信講座などを利用する人が大半なのであるのだが、このような行政書士や司法書士などの講座を扱っている予備校を選ぶ際にに注意しなければいけない事があるのである。

それは難関資格である行政書士や司法書士などの通信講座というのは受講料が極端に安い予備校と、極端に高い予備校があるのだが、ここで「値段が安いから」という軽い気持ちで安い予備校を選んでしまうと高確率でこのような難関資格は合格ができない場合ケースが殆どなのである。

私は過去にユーキャンの行政書士講座を一年かけて勉強していたのだが、ユーキャンの通信講座というのは6万円弱という安いだけのこともあり基本的にテキストを送るだけの独学に近いものであり、法律初心者にとっては消化不足を起こし、到底合格するのは難しいと言わざるを負えない。

一方、大手予備校の行政書士講座というのはこのようなユーキャンなどの教材を送るだけの仕組みとは異なり、テキストと何十時間にも及ぶ講義動画がセットとなっており、値段も50万円弱とかなり高額な価格設定になっているが、安い通信講座と比べて格段に合格する確率というのが上がることは間違えないのである。

そのため、これからこのような行政書士や司法書士などの難関資格に挑戦してみようと考えている人は、安いという価格だけの理由だけではなく、この講座を受けて合格が可能なのか?ということを意識して予備校や通信講座を選んで欲しいと思う。良い予備校を選べば合格できる確率というのは各段に上がるのである。

安いという理由だけで予備校や通信講座を選んではいけないんじゃないの?

 - 雑学