稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

これから自動車整備士を志す人に向けてお勧めの書籍を紹介

      2016/12/11

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a4%e7%94%b7%e6%80%a7

若者の車離れというものが現在問題となっているが、それは都心に限った話であり、地方では若者は車に興味がある人というのが結構多い傾向にある。その中で将来は自動車整備士となりたいと考えている中高生も多くいる事だろう。そのような自動車整備士を志す人は早い段階から車の基礎知識を習得することをお勧めしたい。

この理由として挙げられるのが、実際に自動車整備業界に足を踏み込むと車のパーツなどを明確に記憶しなければいけないのだが、車というのは本当に覚えなければいけない用語が沢山あり、いざ自動車整備の仕事に携わると覚えることが無数にあり、事前に車の知識を習得しておくのは本当に重要なことなのである。

その中でも、これから自動車整備士を志す人にお勧めできる書籍を発見したので紹介していきたいと思う。私は二種養成施設で自動車整備士のテキストなどを購入したのだが、これから紹介する書籍は自動車整備士試験に十分に対応できる書籍であるため、自動車整備士になりたい人は購入することを強くお勧めする。

この書籍というのが「クルマのメカニズム」という書籍であり、車の基礎知識や応用編などが多数掲載されており、実際に自動車整備士対策用テキストに近い構成になっている。そのため中高生の中で自動車整備士になりたい人はこの書籍を購入して事前に車の知識を取り入れると、高確率で試験に合格できると断言したい。

自動車整備士を志す人はこの書籍を購入すれば良いんじゃないの?

 - 雑学