稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

心が病んでいる人は寝る前に小さな幸せをメモ帳に書き綴ろう

      2016/12/14

%e9%ac%b1%e3%81%aa%e5%a5%b3%e6%80%a7

日本という国は多くの人がうつ病で悩んでいる人が多くを占めている鬱大国である。そのような鬱状態になってしまうと日常のちょっとした幸せを見つけることが出来ずに、絶望しか考えられなくなる。特に寝る前になると今日一日の嫌な出来事を思い出してブルーな気分になる人がとても多いことだろう。

このような寝る前に今日一日あった嫌な事を思い出すというのは、結果的に不眠症に陥る危険性があるためお勧めはできない。しかし、寝る前に楽しい事を考えよう努力をしてもそれが中々できないのである。そのような場合には、寝る前に今日あった小さな幸せをメモ帳などに書き綴るということが効果的だ。

心が病んでいる人の共通点は、一言で表すと絶望の二文字しかなく、生きることに心底疲れてしまっている場合が多く、日常生活の小さな幸せというものを見落としてしまい易い傾向にある。この小さな幸せはどんな些細なことでも構わないので、メモ帳に今日起こった小さな幸せを書く習慣を付けることをお勧めしたい。

小さな幸せを見つけることによって、絶望というものを緩和させる効果があり、毎日が楽しくないという心情に陥ることが少なくなるのである。例えば「仕事が順調に進んだ」とか「街角で綺麗な花を見つけた」など毎日のようにメモ帳に綴ると、人間は大きな幸せを求めなくなる。

第一に、心が病んでしまっている人というのは、小さな世界の中の固定観念の範囲内でこの世は腐っていると決めつけてしまうのだが、この世に生きる人というのは結果的に幸せになるように作られている。そのため小さな世界で心を病んでしまうのは根本的に間違っているのだ。

この記事を読んで、毎日が楽しくないと感じている人、もしくはうつ病の人はこれまで説明した通りの、寝る前に小さな幸せをメモ帳に書き続けるということを実践してみて欲しいと思う。そうすればこの世界というのは悪という概念が薄れていき、毎日が楽しいと感じるようになるのである。

心が病んでいる人は小さな幸せを見つければ良いんじゃないの?

 - メンタルヘルス