稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

就活生よ!自由を取るか給料を取るかよく考えて就職先を選べ

      2016/12/17

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3

この時期になってくると、高校卒業間近の学生や大学卒業間近の学生達は就職活動というものを行わなければいけない。大抵の学校は就職先を自動的に選んでくれて、夢が無いという人は学校が提示した就職先を給料の面だけで選んでしまう傾向にあるが、それは自分の首を絞めているのと同然である。

その理由として第一に挙げられるのが、基本的に学校が採用枠として提示する会社というのは大企業や町中では有名な中小企業が多い傾向にあるのだが、このような給料が良くて、従業員数も多い会社というのは、自由を捨てる覚悟が無ければいけないということを理解して欲しいと思う。

将来に対して夢を持っていない学生達はこのような学校が提示した採用枠の中で給料の面だけを重視した就職先の選択をしてしまいがちであるが、このような大企業や中小企業というのは過酷な職場である場合が殆どであり、夜勤というキツい勤務体制を敷いている場合が多いのである。

そのため、このような給料の面のみを考えて就職先を選んだ人というのは、高い確率で早期退職してしまうのが現状なのである。ここでこれから就職を考えている人にアドバイスをしたのだが、キツい仕事で高給取りになるか、自由な会社で安月給で働くかという事を考えると圧倒的に後者の方が良いのである。

現在、日本という国は鬱大国であり、その根本的な原因となるものが仕事内容であったり、対人関係であったりするのだが、自由な小さな会社というのは対人関係面のストレスも最小限であるし、仕事内容も毎日同じ作業の繰り返しである流れ仕事でない場合が多いのである。

例えば、小さな自動車整備工場であれば大きな会社と違い、毎日のスケジュールというものが決まっていないので暇で一日中テレビを見ている時もあれば、雑談をして時間つぶしをしている。現に私が勤めている会社はそのような本当にアットホームな会社なのだ。

そのため、これから就職を考えている人はこれまで説明した通り、高給取りでキツい仕事を選ぶか、安月給で自由な仕事を選ぶか、ということを良く吟味して就職先を選んでほしいと思う。私は圧倒的に後者の就職先を選ぶことを強くお勧めしたいと思う。

就職先は自由な会社が良いんじゃないの?

 - オピニオン