稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

無駄な手間を掛けずに車を洗車状態にする裏技を伝授しよう

      2016/12/23

%e6%b4%97%e8%bb%8a

日本人というのは車という乗り物に対して神経質な民族であり、特に車好きな人は車に少しの傷が付いただけでも一日中ブルーな気分な気分になってしまう人というのが本当に多いのではないだろうか。また車に興味の無い人でも車をピカピカに保ちたいと考える人が多数を占めている。

車のお手入れの基本と言えば、洗車であるのだが忙しい社会人にとって貴重な休日を洗車という重労働に時間を割くのは面倒くさいと感じて、結局この前いつ洗車をしたのか分からないというケースも見受けられる。そのような時に手っ取り早く車を洗車状態にする方法を見つけたので紹介したいと思う。

この方法を試してもらえれば、洗車という重労働から解放されて、無駄な手間を掛けずに車を洗車状態にすることが可能であるため、騙されたと思って一度試してみて欲しいと思う。しかし、これから紹介する方法は一時的に綺麗にするということに特化しているため、車を綺麗に保ちたいのなら洗車はしっかりと行おう。

手間を掛けずに車を洗車状態にする裏技

豪雨の日に車を外に放置する

まず、無駄な手間を掛けずに車を洗車状態にするという言葉を聞くと「どうせ洗車機の中に入れるんじゃないの?」と思う人が大半であると思うが、洗車機に出向くだけでも面倒だ。ではどのようにして手間を掛けずに車を洗車状態にするのかという疑問に答えると、豪雨の日を狙うということが技である。

大抵の人というのは、雨が降っている時に車を外に放置しておくということに「汚れてしまう」と抵抗感を持つ人が多い傾向にあるのだが、実はこれが間違いであり、豪雨の日に車を外に出しておくと、雨粒の衝撃で車の汚れが綺麗さっぱり落ちるのである。特に虫の汚れや鳥のフンなどは完璧に落ちる。

乾拭きはしてはいけない

そのため、車を洗車したいけど時間が無いという人は車を豪雨の日に外に放置しておくと、一時的に洗車状態に近い効果が得られるため一度試してみて欲しいと思う。ここで注意が必要なのだが雨で車が綺麗になったからと言って、雨粒を乾拭きするのは絶対に駄目である。

一見、雨のおかげで綺麗に見えるかもしれないが、実は砂や埃というのは車に付着したままであるので、この状態で乾拭きをしてしまうと、高確率で車に傷が付いてしまうので絶対に避けるということを理解しておいてほしいと思う。この方法は一時的に綺麗に見せるための裏技でもあるのだ。

洗車が面倒なら豪雨の日を狙えば良いんじゃないの?

 - 雑学