稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

やって後悔するよりやらなくて精々する方が良いんじゃないの?

      2016/12/26

%e3%81%86%e3%82%93%e3%81%96%e3%82%8a%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

学生であれば勉強を一生懸命に行ってよい点数を取るために、睡眠時間を削って勉学に勤しむ。社会人であれば資格試験の勉強等で学生同様に睡眠時間を削って勉強をする。これらは代表的な例だが、日本人の几帳面な性格が生み出した言葉の中で「やって後悔した方が良い」という言葉がある。

これは、何かに挑戦する際に中途半場に物事を行って最悪な結果を迎えるよりも、一生懸命に物事を頑張り、努力が報われない方が美徳であるという意味なのだが、このやって後悔した方が良いという言葉は今のストレス社会では真に受けてはいけない言葉の一つであるということを理解して欲しいと思う。

大抵の人というのは、何等かの目標に向かって努力というものをするが、努力は基本的に報われない場合が殆どなのだ。例えば資格試験や到底無理な夢などを叶えた人達というのは、本人の努力よりも運が良かったという場合が多いのである。人生なんてそんなものであり、バカ真面目に努力をする必要性なんてものは無い。

逆に、この言葉の通りに一生懸命になって勉学や夢に向かって努力している人がその資格試験に不合格だった場合や、夢を追いかけて気が付けば周りが結婚している年齢になって取返しのつかない人生を歩む人だっているのも事実であり、やって後悔するのが美学という概念は捨てた方が良いのだ。

もし、今現在なんらかの資格試験や夢に向かって一生懸命努力をしているという人は、その挑戦に対して一生懸命になるのではなく、適当に行えば良いのである。そうすれば不合格や夢が叶わなかった場合であっても精神的負担は少なくなるのは目に見えている事実であり、このような思考を持つということが大切なのだ。

やって後悔するのが美学という風潮は駄目なんじゃないの?

 - オピニオン